より戻し2
ようこそ愛媛ブロック協議会のホームページへ
愛媛県にある2020年度青年会議所(通称JC:ジェイシー)が取り組んでいる愛媛の経済好循環にむけた取り組みを中心に、各自治体、他団体などの取組みなど、愛媛県民の皆さまにとって有益な情報を共有しています。

新型コロナウイルス(武漢肺炎ウイルス)のピークをズラすために1~2週間の自粛が続いてますね。お子さんたちも春休み前から自宅メインで教育等、お過ごしになっていることでしょう。そんななか、今後、絶対ににおこるのが「より戻し」だと想像できますよね。「どこかに出かけたい!」「イベント参加したーい!」などと言った需要が増えるのでないでしょうか。そんなとき、どこへ行くのか?これから数日にわたり気まぐれですが「より戻し」でどこに行くのか迷ったときに愛媛を選んでいただけるよう情報発信していきます。

皆さま、どうぞ愛媛を選んでお越しください!

OIP

愛媛の動物園なんていかがでしょう?

現在、動物園の活動では動物を見て楽しんでいただくだけでなく、動物保護などの面でも存在意義が確立されてきました。今回ご紹介するのは、シロクマのピースでお馴染みの愛媛県立とべ動物園です。現在は、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、爬虫類を飼育展示するスネークハウスなどの屋内3施設、小動物などを飼育展示するこども動物センターとふれあいセンターを閉鎖し、全てのイベント(動物とのスキンシップや餌やり、ガイドなど)を中止すると決めていますが、この自粛が収まったころには全ての施設が楽しめます。サイやカバ、キリンの屋内展示スペースなど、密室にならない施設は通常通り開放していますよ。更に現在は入園口などに消毒液を設置し感染予防を呼び掛けています。動物を見るとストレス発散にもなりますよね。「より戻し」対策にお勧めします。
animal_shirokuma

それでも、しばらくは行けない。でも、動物たちには何かをしてあげたい。動物たちに喜んでもらいたい!ホワイトデーのプレゼントすることでストレスを発散したい!と思っている方に朗報です。愛媛県立とべ動物園は、動物たちが「より快適に、より健康的」に生きていけるよう、環境エンリッチメント(「動物たちが心身ともによりよく生活できるように環境を豊かにする=エンリッチメント」のための工夫)を充実させたいと日々考えています。また、「とべ動物園の動物たちをより幸せにしてあげたい。とにかく何かしてあげたい。」と思ってくださる皆さまにご参加いただけるよう、バレンタインプレゼント・ホワイトデープレゼントとして「Amazonほしい物リスト」の活用を期間限定(~3/31)で始めています。

現在は、チンパンジーのための麻袋や、オラウータンのためのタライだどを「ほしいものリスト」に挙げていますよ。
コチラから▶ https://www.tobezoo.com/hoshiimono/

愛媛の植物園なんていかがでしょうか?

動物園と同じく、ふれあいや鑑賞だけでなく、種や苗などの保護としても植物園の存在は必要不可欠です。愛媛県には今治にバラ園、宇和島に南楽園といった施設もありますが、今回ご紹介するのは伊予市にあるなかやまフラワーハウスです。電話で問い合わせをしましたが、現在はとくに規制がかかっているエリアはなく楽しめるそうです。いろいろな花や大きな熱帯植物、熱帯果樹たちを自然のままで楽しむことができます。また、季節の花々やガーデニンググッズ、雑貨も販売しているそうです。
tree_kougousei

栗の里公園内で一際目を引く大規模の植物園。園内には約100種類の様々な草花が栽培されているので、草花の香りが園内に広がり心地よい気分に浸れる。また、休憩コーナーも至るところに設けられているため、ゆっくりと園内を堪能することができるそうです。お花の香りや木や花に囲まれた道を歩くことを想像しただけでストレスもふっとびますね!
【出典:いよ観ネット http://linkis.com/iyokannet.jp/front/s/rQ7sI

新型コロナ(武漢肺炎)ウイルス対策のおさらい

【出典】新型コロナウイルス感染症に備えて ~一人ひとりができる対策を知っておこう~
https://www.kantei.go.jp/jp/headline/kansensho/coronavirus.html

■新型コロナウイルスに感染しないようにするために
まずは、一般的な感染症対策や健康管理を心がけてください。
具体的には、石けんによる手洗いや手指消毒用アルコールによる消毒などを行い、できる限り混雑した場所を避けてください。また、十分な睡眠をとっていただくことも重要です。
また、人込みの多い場所は避けてください。屋内でお互いの距離が十分に確保できない状況で一定時間を過ごすときはご注意下さい。
(1)手洗い
ドアノブや電車のつり革など様々なものに触れることにより、自分の手にもウイルスが付着している可能性があります。外出先からの帰宅時や調理の前後、食事前などこまめに手を洗います。

(2)普段の健康管理
普段から、十分な睡眠とバランスのよい食事を心がけ、免疫力を高めておきます。

(3)適度な湿度を保つ
空気が乾燥すると、のどの粘膜の防御機能が低下します。乾燥しやすい室内では加湿器などを使って、適切な湿度(50~60%)を保ちます。

■ほかの人にうつさないために
<咳エチケット>
咳エチケットとは、感染症を他者に感染させないために、咳・くしゃみをする際、マスクやティッシュ・ハンカチ、袖、肘の内側などを使って、口や鼻をおさえることです。
対面で人と人との距離が近い接触(互いに手を伸ばしたら届く距離でおよそ2mとされています)が、一定時間以上、多くの人々との間で交わされる環境は、リスクが高いです。感染しやすい環境に行くことを避け、手洗い、咳エチケットを徹底しましょう。
無題

まとめ

「より戻し」に向けて動き出しましょう。自粛期間後の予定を立てていきましょう。
こんな時だからこそ前向きな意見、より良い社会に向けて意見交換していきましょう。
愛媛はみかんだけですか? いや、そんなことないですよ。
最後までお読みいただきありがとうございます。

———————————————–
Facebookページへの「いいね!」もお願いします。
愛媛ブロック協議会▶https://www.facebook.com/jci.ehimeblock/