SDGsウォッシュ
ようこそ愛媛ブロック協議会のホームページへ
愛媛県にある2020年度青年会議所(通称JC:ジェイシー)が取り組んでいる愛媛の経済好循環にむけた取り組みを中心に、各自治体、他団体などの取組みなど、愛媛県民の皆さまにとって有益な情報を共有しています。

sdg_icon_04_ja_2-290x290 sdg_icon_wheel_rgb-290x290

先月の金沢会議が開催された際に、思わずドキっとした方もいたのではないでしょうか。

SDGsウォッシュ女性  SDGsウォッシュ男性  SDGsウォッシュ

覚えた単語

それは、「SDGsウォッシュ」です。
元々はグリーンウォッシュと呼ばれる一見、環境に配慮した、またはエコなイメージであると見せかけて、実態はそうではなく環境意識の高い消費者などに誤解を与えるような事を思わせる「グリーン」と、ごまかしや上辺だけという意味の「ホワイトウォッシュ」を組み合わせた造語が語源となっている。この最近覚えた単語「SDGsウォッシュ(SDGsウォッシング)」とは、みんながご存知の国連が定める17の持続可能な開発目標(SDGs)に取り組んでいるように見えて、実態が伴っていないビジネスや人のことを揶揄する言葉です。

グリーンウォッシング

最近バッジを付けたおじさん増えたよね。

皆さまの中にも、このようなバッジを付けた人が周りに増えてきたのではないでしょうか?
バッジだけでなく、イヤリング、ピアス、タイピンなどのビジネスシーンだけでなく、食品なども17色にしてたりします。そんなバッジをつけてる人に質問してみてください。

「あなたはSDGsバッジをつけてますけど、実際にどのような取り組みをされていますか?」と。
SDGsバッジ

ちゃんと取り組んでいる人はしっかりと答えてくれます。
そうでない人は、今日から取り組みましょう!
2030年にどのような未来・社会になってて欲しいか。そこから逆算をして、今すべき行動を取りましょう。

まとめ

青年会議所メンバーは2000年に国連が定めたMDGs達成に向けた時から向き合っているように見えて実際は理解できていないメンバーも少なくありません。SDGsって?大丈夫。理解できている人はそこまでまだ多くいませんし、みんなこれを達成したい社会とビジネスチャンスだともとらえています。まだバッジを付けているだけのSDGsウォッシュと呼ばれる人たちが少しでも理解できるような情報発信もしていかなくてはなりませんね。

愛媛はみかんだけですか? いや、そんなことないですよ。
最後までお読みいただきありがとうございます。

———————————————–
Facebookページへの「いいね!」もお願いします。
愛媛ブロック協議会▶https://www.facebook.com/jci.ehimeblock/