togo
ようこそ愛媛ブロック協議会のホームページへ
 愛媛県にある2020年度青年会議所(通称JC:ジェイシー)が取り組んでいる愛媛の経済好循環にむけた取り組みを中心に、各自治体、他団体などの取組みなど、愛媛県民の皆さまにとって有益な情報を共有しています。

さて、地域で応援したいお店をみんなで応援しよう!というプロジェクトが県内各地でも立ち上がっています。しかしテイクアウトについても注意しないといけない事もあるようなので各地のテイクアウト情報と店舗向けの注意事項をまとめてみました。但し、店舗型で三密を避けられるように席を間引いたり、テーブルごとにアルコール除菌スプレーを置いていたりと工夫しながら営業されているところもあります。しっかりとみんなでそれぞれ大好きなお店を応援していきましょう。

テイクアウトの注意点

テイクアウト事業を始めた事業者の皆様へということで、株式会社minitts 代表取締役の中村様がfacebookで投稿されていましたので共有いたします。

■賠償責任保険(飲食物)への加入をお勧め
万が一食中毒が発生してしまった場合などに大変有効です。百貨店等商業施設に入っている飲食店は加入しなければ商品を扱えません。お店の広さと年商によって加入金額が変わりますので、ご興味がある方は一度WEBで調べてみてください。

■マスクとビニール手袋とメッシュキャップの着用
現在マスクをしている方は多いのですが、ビニール手袋の着用をしているのは大手企業が多く、個人店ではまだ浸透していないところが多いようです。しかし、手には常在菌が沢山あり、切り傷やさかむけがあると、黄色ブドウ球菌という菌が大量に食品に付着します。黄色ブドウ球菌はご飯(おにぎりなど)を栄養源とするため、テイクアウト事業の際には最も注意すべき菌です。ビニール手袋の着用で防ぐことができます。また、髪の毛等の異物混入を防ぐためにもメッシュキャップの着用も有効です。

■店舗から画鋲(がびょう)の撤廃
店舗の貼り紙に画鋲を使用されていることもあると思いますが、異物混入で髪の毛の次に多いのが画鋲やクリップ、ラップなどの混入です。特に画鋲は針があって大変危険です。掲示物から気付かないうちに落下して混入することがあるため、当店では画鋲を撤廃しています。画鋲を使用されている店舗につきましては、今後テープなどに変更すると安心です。

■消費期限とアレルギーを含めた新食品表示について
いつまでに食べるべきか(本日中なのか、冷蔵庫でいつまで保存可能なのか)は示しておいた方が賢明です。【本日中にお召し上がりください】のシールは格安で販売されています。口頭で伝えるのも有効です。2020年4月1日から新食品表示法が施行されましたので、店舗で直接お渡しするテイクアウトではなく、どこかに納品して販売する場合は、【原材料の表示(アレルギー含)】だけでなく【栄養成分表示】も義務となりましたのでご注意ください。百貨店への納品等に関しては、それに加えて【細菌検査(生菌数・大腸菌群・黄色ブドウ球菌)】の検査結果の提出も必要です。

■電子レンジ対応容器かどうか、再度温める際の手順の記載
お客様がいつお召し上がりくださるかは分かりませんので、容器が電子レンジ対応かどうか、再度温める際は500Wで〇分が目安などの記載があると大変安心してくださいます。ほとんどのテイクアウト容器は、本体は電子レンジ対応ですが、蓋だけレンジ不可です。お客様にも『蓋を外してラップして電子レンジにかけてくださいね』とお伝えすると丁寧です。リピーターの獲得にも有効です。

【出典:株式会社minitts 代表取締役 中村朱美様 facebook投稿】

愛媛県内テイクアウトまとめfacebookグループページ

■#TOGOEHIME
head_logo

■松山テイクアウト部
anonymous-ea20a915-20d9-4876-b324-c0a1a0a1d0f5

■頑張る伊予市のテイクアウトできる飲食店を応援
top-bs

■バリメシテイクアウト
92294006_2905613679525256_1530054658653945856_o

■うちこテイクアウト部
95074969_10157237090347285_2828865735470612480_n

■お弁当もテイクアウトも大洲です。
92673069_2946348255457936_4846108056452333568_o

■はっせいテイクアウト部
93650499_2987265508028698_1649760624168665088_n

■TAKE OUT SEIYO
95137517_2901168229974301_1114398323726352384_o

■宇和島テイクアウト部
93493825_1518803864957399_3620994357827469312_n

他にも愛媛県内で同じような取り組みをされている地域や団体があれば教えてください。

国税庁【在庫酒類の持ち帰り用販売等をしたい料飲店等の方へ】

申請手続の簡素化・免許処理の迅速化を図る観点から新たに「期限付酒類小売業免許」を設け、申請でき、免許が付与されればお食事のテイクアウトや配達に合わせて酒類も販売できるようになるそうです。別のホームページでまとめましたのでご確認ください。
_sake-01

まとめ

ランチだけでなくディナーで支援。まだまだ情報が集められていませんので教えてください。
しかし、店舗で営業されているところもあり、三密さえさければ対策になりますのでリテラシー高めて支援していきましょう。
 愛媛はみかんだけですか? いや、そんなことないですよ。
 最後までお読みいただきありがとうございます。

———————————————–
Facebookページへの「いいね!」もお願いします。
愛媛ブロック協議会▶https://www.facebook.com/jci.ehimeblock/