SDGs3.0

ようこそ愛媛ブロック協議会のホームページへ
愛媛県にある2020年度青年会議所(通称JC:ジェイシー)が取り組んでいる愛媛の経済好循環にむけた取り組みを中心に、各自治体、他団体などの取組みなど、愛媛県民の皆さまにとって有益な情報を共有しています。

京都会議のメインフォーラム開催された『SDGs3.0 ~人と企業が生み出す好循環~』についてご紹介します。講演内容やアイディアを共有したいと思います。なぜ個人や企業がSDGsを通して社会課題に取り組む必要があるのかを改めて問題提起することで、認識をアップデートし、好循環を生み出す人・企業になるためのきっかけとなるフォーラムでした。

パネリスト

阪急阪神ホールディングス(株)代表取締役 角 和夫氏
四條畷市長 東修平氏
コーディネーターは青年会議所のメンバー宇田川君でした。
IMG_6423

取り組み事例をご紹介

様々な事をお話されていましたが、ホームページや動画でご紹介されています。
▼四條畷市▼
https://www.city.shijonawate.lg.jp/
◆日本で唯一の窓口支払いキャッシュレス決済
◆スマホで住民票の発行
◆0歳児の子育てにパートナーを結んで子供服などプレゼントし悩み相談やリスト化 等
少しホームページを閲覧しましたが市政50周年に向けて多くの方が登場するカウントダウンも。

▼阪急阪神ホールディングス(株)▼
https://www.hankyu-hanshin.co.jp/

◆SDGsトレイン
◆社会貢献活動「ゆめ・まちプロジェクト」⇒まちの環境を良くする「地域環境づくり(環境づくり)」と、まちの将来を担う「次世代の育成(人づくり)」を重点領域としており、これらはSDGsの達成に向けた取組のひとつ。等

パートナーの有用性、失敗談

トークテーマも多様で、パートナーシップについてお話していました。
◆信頼がないとパートナーが組めない。
◆ひとりではできない
これらについて、お話を頂けました。大きく展開するためには連携が必要だと学べました。

失敗談の中では、若手の頃の勘違いをしていたお話、そして予想以上に反応があった時の対応ができなかった事例など、どんな方でも失敗や勘違いから始まり、今に至っていることをお聞かせいただき安心した場面もありました。

これから

◆アウトリーチ型
◆捨ててしまっていたデータ
◆スタートアップエコシステム
◆走りながら軌道を修正していく
◆サイズは関係ない
◆GIGAスクール構想から
◆次世代へ意識を紡ぐ
◆子供たちに寄り添っていく

などのお話を聞くことができました。

愛媛でもできること、まとめ

京都会議には各地理事長も多数参加しています。今回聞いたお話を各地会員会議所に持ち帰るだけでなく、ご家族、会社、ご友人とも対話の機会が増やせるといいですね。走りながら軌道を修正していくというお話は、まさしく田舎であればあるほどしなきゃいけないと感じます。
このフォーラムを聞いて感じた感想は、人と企業が生み出す好循環のために、これまでの地域づくりのなかで、意思決定の場が多様性になっていないのであれば、そこから変えていける提言をしていくことから始められますね。大変おもしろいフォーラムでした。ありがとうございます。

 愛媛はみかんだけですか? いや、そんなことないですよ。
 最後までお読みいただきありがとうございます。

———————————————–
Facebookページへの「いいね!」もお願いします。
愛媛ブロック協議会▶https://www.facebook.com/jci.ehimeblock/