皆さまにおかれましては、新型コロナウイルス感染拡大防止により、生活や仕事に様々な影響があるなか、緊急事態宣言下においても歩みを止めることなく、運動を推し進めて頂き、ありがとうございます。

2月28日をもって、京都府に発令されていた新型コロナウイルス特別措置法に基づく緊急事態宣言は解除されました。しかしながら、感染の再拡大を防ぐため、引き続き京都府からは、不要不急の外出自粛、飲食店などへの営業時間短縮の要請がされております。

引き続き、新型コロナウイルス感染拡大への警戒を怠らず、これまでの制限された状況のなかで培った経験も活かし、ひとつ一つの機会を大切に、それぞれの「前向きな挑戦」を繰り返して欲しいと願っております。

それこそが、一人ひとりが、組織が、地域が「強く」あることに繋がると信じています。

2月中旬からは国内でもワクチンの接種が始まり、小さいですが収束に向けて明るい兆しも見えてきております。コロナ渦のなか奮闘されている医療従事者の方々へ感謝の心をもち、ひとり一人の「前向きな挑戦」、そして、「できること」を集めて、皆でこの難局を乗り越えて参りましょう。

「強くあれ!!」

京都ブロック協議会
2021年度 会長 達城 英治