1966年(昭和41年)11月、国際青年会議所の世界大会(JCI世界会議)が日本で2番目の地として京都で開催されました。
その翌年の1967年(昭和42年)1月20日~22日、社団法人日本青年会議所通常総会が京都にて開催されました。以来、『京都会議』と呼ばれるようになりました。

サマコン(サマーコンファレンス)とは、公益社団法人日本青年会議所の運動を広く発信するために、各界を代表する著名な有識者をお招きし、政治・経済・社会など様々なジャンルのフォーラム・セミナーを開催する場です。

1966年(昭和41年)11月、国際青年会議所の世界大会(JCI世界会議)が日本で2番目の地として京都で開催されました。
その翌年の1967年(昭和42年)1月20日~22日、社団法人日本青年会議所通常総会が京都にて開催されました。以来、『京都会議』と呼ばれるようになりました。

サマコン(サマーコンファレンス)とは、公益社団法人日本青年会議所の運動を広く発信するために、各界を代表する著名な有識者をお招きし、政治・経済・社会など様々なジャンルのフォーラム・セミナーを開催する場です。

2312271629
2312271626
2312271629

令和6年能登半島地震による被災地に心を寄せて

2024.01.03
2024.01.03
blank

1月1日(月)16時10分ごろから石川県能登地方で発生した地震(M7.6 最大震度7)によりお亡くなりになられました方々に深く哀悼の意を表するとともに、被災されました全ての方々にお見舞いを申し上げます。また、これ以上に被害が拡大しないようお祈り致します。

この度の地震により不自由な生活を強いられておりますメンバーの皆様、被災された皆様には、ご自身、並びにご家族の安全確保、さらには生活・企業の再建にお努めとは存じますが、思いもしない災害に見舞われ、さぞご心痛のこととお察し致します。

このような状況を鑑み、日本JCでは、1月1日に災害対策本部を設置するとともに、国土強靭化委員会メンバーが現地入りし、JVOAD様(全国災害ボランティア支援団体ネットワーク)や全国社会福祉協議会様と情報共有しながら、支援体制の構築を図っており、地区協議会、ブロック協議会、被災地LOMと連携しながら、災害支援を行ってまいります。

岡山ブロック協議会は既に岡山県内各地から集まった救援物資を運送しております。

◆必要物資
1.ブルーシートサイズの目安は1,800×3,600又は3,600×5,400
2.簡易トイレ(至急必要数:制限なし)
3.土嚢袋(至急必要数:60,000枚)
4.ミネラルウォーター(至急必要数:2ℓ入りPETボトル3,000ケース)
5.ナイロンロープ(8ミリ×200m推奨)(至急必要数:150個)
6.生理用品(至急必要数:10,000個)

◆支援物資集積場所
株式会社トクラ 
〒710-0802 岡山県倉敷市水江1599
1/3 13:00-15:00 済
出発16:00(第一便)済
1/4 10時積込み予定です。

blank

blank

blank

岡山ブロック協議会 新着情報

IMG_8879
IMG_8842
IMG_8705
LINE_ALBUM_19新年挨拶回り1_240110
S__12558342
S__12337233
IMG_8574