JCI JAPAN TOYP(旧人間力大賞)とは?

TOYPは、1938年に米国青年会議所によって始まったTOYM(Ten Outstanding Young Men=10人の傑出した(アメリカの)若者たち)が起源です。
国際青年会議所(JCI)では1983年からTOYP(Ten Outstanding Young Persons=10人の傑出した若者たち)が主要事業として始まり、現在ではTOYP(The Outstanding Young Persons=傑出した若者たち)として継承されています。
公益社団法人日本青年会議所では1987年から「TOYP(The Outstanding Young Persons)大賞」として事業を開始し、2001年から名称を「人間力大賞(青年版国民栄誉賞)」と変更していましたが、2019年に改めて「JCI JAPAN TOYP」へ名称を変え、継続して行ってきました。
「JCI JAPAN TOYP」は、青年版国民栄誉賞としての位置づけを残しつつ、環境、医療、経済、政治、科学技術、文化・芸術、スポーツなどのあらゆる分野において、社会に持続的なインパクトを与えることのできる可能性を秘めた傑出した若者(=地域に好循環を起こす若者)を発掘し、さらなる活躍を期待して国民全体で応援する機運を広げます。
そして、私たちJCメンバーとともに未来を担う20歳から40歳までの地域に好循環を起こす若者たちを、JCITOYPの日本代表として世界に向けて発信することで、日本のみならず世界をより良く変えていける人財へと導き、ひいては活力ある地域、国づくりへとをつなげることを目的とし、受賞者の中から2021年度の日本代表候補者としてJCITOYPに申請をいたします。

TOYP 選考基準​

TOYP選考基準は以下の通りになります。

問題意識 自ら社会全体の問題を発見して、解決のため主体的に関わり合おうとする意識を持っているか。
創造性 新しい価値を生むために斬新な発想を持ち創意工夫を重ね、挑戦しているかどうか。
魅力 自身の存在が周囲に認められ、周囲に良い影響を与えているかどうか。
感謝と責任 自身の活動に関わる周囲の人間に感謝し、自身の活動に関する社会全体への責任を受け入れているかどうか。
自己成長 自身の活躍が、自分自身の成長にどれだけつながっているか。
貢献 自身の活動が社会のために役立つよう尽力できているか。
地域とのつながり 自身の活動によって人や地域と結びつき、どのぐらいつながりを広げることができているか。
運動 その活動が地域や社会を巻き込み、市民の先頭に立ってリーダーシップを発揮し、 問題解決のためのアクションを推し進められているかどうか。

賞の名称及び授賞者数

グランプリ 1名 副賞:授賞者への活動資金100万円

準グランプリ 2名 副賞:授賞者への活動資金30万円

入賞 7名 

【奨励賞】 各省庁予定


過去の著名な授賞者

これまでの著名な受賞者

  • 橋本 聖子 TOYO大賞(1990年)
  • 向井 千秋 TOYP大賞(1995年)
  • 荻原 健司 TOYP大賞(1999年)
  • 東 ちづる 厚生大臣奨励賞(2000年)
  • 野田 聖子 エトバスノイエス特別賞(2000年)
  • 沢田 知可子 厚生大臣奨励賞(2003年)
  • 陣内 貴美子 文部科学大臣奨励賞(2003年)
  • KOKIA まちづくり市民財団奨励賞(2008年)

etc・・・

その他、海外におけるTOYM・TOYP大賞においても、ジョンFケネディーやビル・クリントン、ベニグノ・アキノ、エルヴィス・プレスリーなど多くの著名人が受賞しています。