活気に満ち溢れる魅力ある兵庫の創造

姫路の魅力発信

  • HOME »
  • 姫路の魅力発信

2017年2月

播磨平野の中心に位置する姫路市には、皆様もよくご存じの姫路城(白鷺城)があります。1993年12月10日、姫路城は法隆寺とともに日本で始めて世界文化遺産に登録されました。姫路のまちのシンボルとして400年の歴史を刻み、未来に向けて大切に引き継がれていく市民の誇りとなっています。また姫路城とともに大切に引き継がれているのが秋季例大祭で、10月の中旬から下旬にかけて、姫路市の各地で豪華絢爛な屋台の練り合わせが行われます。兵庫県の重要無形文化財にも指定されている灘のけんか祭りを筆頭に、網干の提灯祭り、毛獅子が乱舞する大塩の獅子舞など、郷土色豊かな神事に加え、地域によって異なった屋台練りや一般的な差し上げの他に、土台部分のみでの台場練りや台場差し、放り上げるチョーサー、複数台での練り合せ・練り違いなどがあります。祭りの迫力を感じてもらうのはもちろんですが、複数の地域を回り、それぞれの祭りの違いを感じていただくことをお勧めします。

姫路2-1 姫路2-2 姫路2-3

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
PAGETOP