和の精神と強く優しい笑顔による誰もが夢を描ける和歌山の創造

委員長事業計画

総務褒賞委員会
委員長 冨士 利郎

冨士利郎

世界遺産の追加登録や国内外からの観光客増加等、世界中から再び注目されつつある和歌山ですが、少子高齢化の問題や若者世代の県外流出による人口減少のため、地域の持続性が著しく低下しています。今こそ、強い発信力と高い志を持つ我々JAYCEEが、和歌山の持つ魅力と可能性を大きく拡げ、深い郷土愛と未来を想い能動的に行動できるリーダーとして成長し、地域から必要とされる組織の一員として存在し続ける必要があります。
まずは、我々の運動が今後も継続し地域の活力となるために、各LOMの事業を称える褒賞事業を開催し、県内各地青年会議所が展開している事業を受発信することで今後の事業展開を模索する機会を創出するとともに、メンバーの運動意識の高揚を図り地域の発展につなげます。そして、地域に根づいた運動を今以上に発展させるために、地域の未来を考え行動する心意気を学ぶアカデミー事業を開催し、積極的に運動を行うための意識、資質、団結力の向上を図ることで、地域課題の解決に取り組むことができる強いリーダーを育成します。さらに、和歌山ブロック協議会の運動を地域内外にスピード感を持って発信するために、公式HPの活用だけでなく、SNS等の各種広報ツールの特性を生かした広報活動に積極的に取り組み、情報発信の視点から運動の展開を加速化することで、組織としての存在価値を高めます。また、運動体として効率的かつ一貫性のある情報発信を行うために、定期的に各委員会メンバーが一堂に会する広報戦略会議を開催し、情報共有のみならず戦略的かつ能動的な広報の手法を提案することで、組織全体の広報力を強化します。
愛するふるさとの未来を想いJC運動に邁進してきた我々JAYCEEが、更なる情熱と惜しまぬ努力の気持ちを弛むことなく持ち続ける仲間とともに決してぶれることのない強い信念のもと、和の精神と強く優しい笑顔による誰もが夢を描ける和歌山を創造します。

[ 事業計画 ]
1. ブロック褒賞事業の開催と検証
2. アカデミー育成事業の実施
3. 広報活動並びにホームページの管理
4. 各委員会との連携による広報戦略
5. 基本資料の作成
6. 会員拡大支援の協力

 

 

経済再生委員会
委員長 山東 洋介

山東洋介古くから「木の国」と謳われたほど山林が多く自然に恵まれた和歌山ですが、近年は出生数の低下や若年層の転出者の増加による生産年齢人口の減少と未成熟な高速交通インフラが経済に深刻なダメージを与え、経済発展を停滞させる要因となっています。今こそ、地域を牽引する青年経済人である我々が、一般市民とともに当事者意識をもち共通の課題に取り組み、和の精神から成り立つ地域の魅力を活かした経済を再生する必要があります。
まずは、県内8LOMのメンバーが運命共同体であることを再認識するために、開催地LOMである一般社団法人和歌山青年会議所との連携から厳粛且つ盛大で誰もが笑顔になれる和歌山ブロック大会を開催することで、絆を深めJAYCEEのさらなる魅力を認識し、メンバー一人ひとりの意識高揚と組織強化を図ります。そして、高い生産性とヒトやモノの往来を活性化させるために、和歌山ブロック大会記念事業フォーラムを開催することで、市民とともに学び共通の知識を持ち、地域経済の問題点を見出し、活気あふれる和歌山の発展を実現する当事者意識を醸成します。さらに、和歌山ブロック協議会の笑顔あふれる和歌山の実現に向けた力強い運動を発信するために、総括の場を設けることで、一年間の活動を回顧し、次代へのさらなる飛躍につなげます。また、一人でも多くの県民に魅力あふれる和歌山ブロック協議会の運動を広く周知していただくために、総務褒賞委員会との強い連携から多角的に地域や和歌山ブロック協議会の運動発信に焦点を当て、広報戦略を練り上げることで、和歌山ブロック協議会の魅力を最大限引き出し広く延展します。
強い責任感と未来を切り開いていく担い手である自覚を持つ比類なき組織となった我々は、和歌山を愛する一般市民とともに意識改革からなる現状打破の志の基に、責任感と使命感を携え和の精神と強く優しい笑顔による誰もが夢を描ける和歌山の創造を実現します。

[ 事業計画 ]
1. 和歌山ブロック大会の開催(式典 事業)
2. 総括 事業の開催
3. 総務褒賞委員会との連携による広報戦略
4. 会員拡大支援の協力

 

 

会員交流委員会
委員長 岡 正信

岡正信

豊かな自然や伝統など多くの魅力を持つ私たちの愛する和歌山は、近年は良い経済成長率を示してはいるものの、若者の県外流出、人口減少などの問題を抱えています。それらの問題に対して静観するのではなく、まず地域のリーダーである私たちJCメンバーが、率先して問題解決に向けて行動し、古来より和歌山が持つ「和」の精神が醸成され、現状打破の意識改革のもと、明るい豊かな社会を実現していかなければなりません。
まずは、地域の魅力を再発見するために、和歌山ブロック大会における「和歌山逸品フェスタ」の開催を通して、私たちJCメンバーが和歌山県の持つ地域資源に対する理解をさらに深め、地域へ広く伝播します。そして、和歌山ブロック協議会の団結力をさらに高めるために、今以上に絆が深まり、志を再確認しあえる懇親会を行うことで、さらなる「和」の精神を構築します。さらに、全国各地の一般市民やJCメンバーに、厳選した和歌山の特産品・名産品を認知し記憶に残してもらうために、全国大会埼玉中央大会においてブース出展を行うことにより、和歌山の存在感と魅力を全国へ広めます。また、卒業生が築いてきた強い絆を確立するために、JC運動の集大成として笑顔溢れる卒業式の開催を通して、これまで育んできた情熱を再確認し、今後の運動の糧とします。そして、一人でも多くの県民に魅力あふれる和歌山ブロック協議会の運動を広く周知していただくために、総務褒賞委員会との強い連携から多角的に地域や和歌山ブロック協議会の運動発信に焦点を当て、広報戦略を練り上げることで、和歌山ブロック協議会の魅力を最大限引き出し広く延展します。
和歌山ブロック協議会8LOMの垣根を超えた本物の会員交流を通して、個々のJAYCEEが強くつながり、古来より和歌山が持っている「和」の精神が再認識され、我々が目指す和の精神と強く優しい笑顔による誰もが夢を描ける和歌山の創造を実現します。

[ 事業計画 ]
1. 和歌山ブロック大会における「和歌山逸品フェスタ」を開催
2. 卒業式の開催
3. 全国大会埼玉中央大会におけるブース出展
4. 総務褒賞委員会との連携による広報戦略
5. 会員拡大支援の協力

 

 

教育再生委員会
委員長 田中 信晶

田中信晶現在、わが国日本では、人口減少に伴う少子高齢化の進展や核家族の増加とともに、人間関係や地域間の連帯意識が希薄になり、子供たちの社会モラルや知的好奇心及び学習意欲などの低下が、社会全体に深刻な影響を与えると懸念されています。このような問題は和歌山県においても同様であり、学校教育だけにとどまらず、地域や家庭と連携し、子供たちが学びに対して意欲的になれるように取り組む教育再生運動が必要であると考えます。
まずは、日本国民としての主権者意識を再度認識するために、若者と大人が憲法について考える憲法改正討論会を実施し、和歌山県民一人ひとりが政治に対する感心を深める意識を持ち、国民として果たさなければならない義務と責任を呼び起こします。そして、和歌山の将来を担う子供たちに健全なる成長を促すために、スポーツを通じた社会教育の機会として、JCカップU-11少年少女サッカー大会和歌山県大会を実施し、勝敗だけにとらわれない、負けても相手を称える「グッドルーザー精神」を養い、相手を思いやる道徳心を育むとともに、子供たちの健やかな成長へとつなげます。さらに、県民のJAYCEEに対する賛同支持を得るために、教育再生事業を通して、県内8LOMと連携を図り、我々が行う青年会議所運動を和歌山県内それぞれの地域に強く発信し、会員拡大運動推進を図ります。また、一人でも多くの県民に魅力あふれる和歌山ブロック協議会の運動を広く周知していただくために、総務褒賞委員会との強い連携から多角的に地域や和歌山ブロック協議会の運動発信に焦点を当て、広報戦略を練り上げることで、和歌山ブロック協議会の魅力を最大限引き出し広く延展します。
子供たちの将来に対する夢と希望の可能性が大きく広がる教育再生運動は、人と人が触れ合い、温かく支え合う地域社会へと大きく歩みを進め、県民一人ひとりの豊かな暮らしの実現と、和の精神と強く優しい笑顔による誰もが夢を描ける和歌山の創造を確信します。

[ 事業計画 ]
1. 憲法改正討論会の実施
2. JCカップU-11少年少女サッカー大会和歌山県大会の実施
3. 会員拡大支援の協力
4. 総務褒賞委員会との連携による広報戦略

 

 

 

PAGETOP