地域再興と「全うな日本人」の育成による誰もが夢を描ける香川の創造

「全うな日本人」育成委員会事業計画

  • HOME »
  • 「全うな日本人」育成委員会事業計画

「全うな日本人」育成委員会事業計画

副会長  村井 良弘
委員長  泉  丈二

日本国民は、自国を誇りに思う国家観、他を思いやる心、国を支える主権者意識が薄れている現状があり、近隣諸国に平和を脅かされている今、国民一人ひとりが「全うな日本人」として世界各国と平和に共生していく価値観、道徳心、主権者意識の醸成を図る時です。「目に見えないモノ」を大切にし確固たる意思を持って未来を選択する我々は、主権者意識と他を慮る道徳心を兼ね備えた市民とともに、恒久的平和な香川の創造が必要です。

まずは、香川から日本の未来を切り開くために、本会の事業・運動を推進します。そして、現代社会に対する憲法の在り方について市民とともに考えを深めるために、日本青年会議所主催の全国一斉アンケートを香川で実施し、公平中立性を担保した中で有識者を招き国民討議会と憲法タウンミーティングを開催することで、市民一人ひとりの確固たる主権者意識の醸成と、他国と平和に共生する方法を見出します。さらに、投票率を向上するために、主権の行使を体感できる模擬国民投票を市民の方々に体験いただくことで、国を支える主権者意識を確立します。また、スポーツによる地域間交流に通じた人材育成を行うために、「JCカップU-11少年少女サッカー大会」の香川予選大会を開催することで、次代を担う子供たちに大きな目標を目指す強い心と、グッドルーザーの精神で他を慮る道徳心を育みます。そして、観光交流人口の増大による地域産業の活性化を促すために、四国地区協議会が開催する「四国88サイクリングを用いたお遍路文化を発信する事業」に協力することで、「ひとの流れの創出がしごとの創出となる好循環」を生み出します。

子供たちが明るく過ごせる未来への投資を最優先に考える我々と、自らが責任を持ち未来を選択する新たな価値観を持った市民は、国を支える主権者意識と他を慮る道徳心を兼ね備えた「全うな日本人」として、それぞれの地域で誰もが夢を描ける香川を創造します。

 

メンバー表

 

<事業計画>

1.本会の事業・運動の推進

2. 憲法改正輿論の確立に向けた事業の企画・実施【ブロ連】

3.JCカップU-11少年少女サッカー大会、香川予選大会の実施【地区連】

4.四国88サイクリング事業の協力【地区連】

5.その他

s-0506-takamatsu-10000045

PAGETOP