地域再興と「全うな日本人」の育成による誰もが夢を描ける香川の創造

地域再興委員会事業計画

  • HOME »
  • 地域再興委員会事業計画

地域再興委員会事業計画

副会長  村井 良弘
委員長  阿部 佑典

香川県は自然災害の少ない特性上有事に対する市民の当事者意識や支援体制が薄く、同時に少子高齢化や生産年齢人口の減少によって産業低迷化も進んでいるため、今まさに政策立案実行団体として、故郷を想い考え行動する青年会議所の存在価値を高める時です。地域の安全保障と経済再生実現への使命を持った我々は、互いを尊重し支え合う共存共栄の心を兼ね備えた市民とともに、持続可能な明るい豊かな香川を創造する必要があります。

まずは、香川から日本の未来を切り開くために、本会の事業・運動を推進します。そして、甚大な被害が想定される南海トラフ地震へ向けての当事者意識を高めるために、災害支援経験者による講演セミナーを実施し、安心・安全なまちづくりに向けた意識の統一を図ります。さらに、発災後の被害を最小限に食い止めるために、社会福祉協議会や各諸団体とのディスカッションを行い、災害に対する地域間の課題や個々の役割を共有し支援体制確立を見据えた横の繋がりを深めることで、人員・物資・情報による遠方や近隣への初動態勢を整えます。また、新たな産業を生み出すために、県内の学生と協働し若い感性と発想力による斬新な県産品開発を行い、新ビジネス・事業モデル構築のきっかけを創出します。そして、誕生した県産品を地域へ普及するために、香川ブロック大会にて学生によるプレゼンテーションを行い大会来場者やメディアへ向け発信することで、総需要拡大の可能性を見出します。さらに、生産性と消費量を向上するために、新県産品確立に向けた販路への道を開拓し新たな産業を地域企業へと引き継ぐことで、総需要拡大を実現します。

青年会議所運動を通じて、持続可能な香川実現への担い手として高い志を持った我々は、生まれ育った地域に新たな誇りと自信を見出し郷土愛に溢れた市民とともに、他を慮る地域再興へ向けた運動の輪となって、互いを支え合い誰もが夢を描ける香川を創造します。

 

メンバー表

 

<事業計画>

1.本会の事業・運動の推進

2.防災・減災セミナーの企画・実施

3.斬新な事業モデル構築に向けた事業の企画・実施

4.その他

s-0304-higasikagawa-10000355

 

PAGETOP