徳島県内にある7つの青年会議所(JC)のブロック協議会のホームページです。(公社)日本青年会議所並びに当協議会の運動・事業の紹介、また県内の青年会議所活動の紹介などをいたします。

会長所信

  • HOME »
  • 会長所信

公益社団法人日本青年会議所四国地区徳島ブロック協議会

<基本理念>
経世済民と真の主権者教育による 将来に希望の持てる「とくしま」への回帰

本年度、2017年度 公益社団法人日本青年会議所は「教育再生」と「経済再生」のダブルエンジンにより、より良い変化をそれぞれの地域社会にもたらし、日本を1mmでも動かす為に、「今しかできない、自分にしかできない事を。二度と来ない、今という一瞬を大切に。」一期一会の覚悟を持って、誰もが夢を描ける日本の創造に向け、運動を展開してまいります。

そこで徳島ブロック協議会として、「とくしま」より地域再興の狼煙をあげるため、「教育再生」と「経済再生」を徳島県『vs東京「とくしま回帰」総合戦略』と協調しながら、『JC版地域総合戦略』を策定し、取り組んで参ります。

まずは「教育再生」として。
正しい歴史を知った上で自分の国を誇れる教育や、2015年3月の学習指導要領一部改訂に伴い「特別の教科 道徳」の教科化が決定した様に、「他を慮る心」を育む「全うな日本人」の教育、またその背中を見せるお手本となる我々親世代に対する「親学」を推進してまいります。さらに、メディア報道を正しく判断するためのメディアリテラシーを身につけ、正しい歴史認識の下で、右か左かなどの話ではなく、戦後これだけ社会が変化し、多様化してきたこの時代に一度も変わる事のなかった「日本国憲法」を、時代に即した内容に変えても良いのではないかという論点より、改正輿論を巻き起こすべく運動して参ります。

また、「経済再生」として。
「全国屈指の光ブロードバンド環境」を基に様々な「働く」ことや「生活する」ことに対する新たな価値観が生まれてきています。我々青年経済人が、その最先端を知り、活用し、時には生み出すことで地域経済の正のスパイラルを生み出す礎にならなければなりません。地域に根付いた資源と新たな取り組みの両輪によるイノベーションをより加速させるため、我々は更なるイノベーションと共にビッグデータ(リーサス)を利用するなど、正しい根拠のもとで新たなイノベーターとして会員がそれぞれの地域で躍動する土台を作りたいと思っています。さらに、デフレからの完全脱却を目指し、政府の財政出動による四国新幹線の実現に向けての活動も行って参ります。新幹線が実現すれば、四国や徳島はどのように変わり、経済効果はどの位あるのか、正しい計画に対する試算等を知って頂いたうえで、実現に向けての歩みを加速させたいと思います。

夢と希望を持った青年経済人がそれぞれの地域で躍動することこそ、真の地域再興ではないかと思います。そんなバイタリティと行動力に溢れた人材を育成するべく、徳島県下全ての会員会議所における会員拡大を行います。また、阿波女と称される通り、元気な阿波の女性を支援することで、多種多様な豪傑を地域で生み、それぞれの地域が明るく照らされる環境づくりを目指します。

若者に取ったアンケートの中で「徳島に足りないもの」は、1位が「魅力あるイベント、コンサートやスポーツ観戦」であり、2位が「街の活気」だそうです。私も高校や大学生の時はそう感じてました。

でも、そうではない!この「とくしま」には魅力が溢れている!

今だから分かるこの大いなる魅力を一人でも多くの方に気づいてもらい、市民みんなで誇れる「とくしま」へ回帰するために、2017年公益社団法人日本青年会議所四国地区徳島ブロック協議会では、一期一会の覚悟をもって、ワクワクドキドキ様々な変化をもたらせるよう、一年間活動して参ります。皆さまのご支援、よろしくお願い申し上げます。

徳島ブロック協議会 2017年度会長 真鍋浩章

PAGETOP