みなさん一度は口にしたことがあるのではないでしょうか?
「名古屋コーチン」といえば、地鶏の代表として、全国的に知られています。正式な品種名は「名古屋種」と言い、明治38年に日本家禽協会から国産実用品種第一号の鶏として正式に認定されました。
名古屋コーチンは、明治時代に元尾張藩士の海部壮平(兄)と海部正秀(弟)が小牧の池之内で誕生させ、卵を生産した後も食肉としても利用できる卵肉兼用の実用鶏として全国的に飼育されるようになり明治時代から昭和30 年代までの養鶏産業の振興に大きく貢献してきました。その後、大量生産に適した外国種におされ、一時は絶滅しかけましたが、グルメ志向や本物志向も相まって生産羽数が急増し、「かしわの王様」として再び脚光を浴びるようになりました。

鶏肉の特徴

肉質は弾力に富み、よくしまって歯ごたえがあり、「こく」のある旨みがあります。

卵の特徴

美しい桜色をした卵殻が特徴です。卵はやや小ぶりですが、舌触りが滑らかで、濃厚で「こく」のある美味しさがあります。

 

Print S__6037544 S__6037550