33LOMリレーブログをご覧の皆様、こんにちは。

公益社団法人名古屋青年会議所 2017年度(第67年度) 広報委員長を務めております、保田隼希と申します。

今回は、私から名古屋の魅力についてお伝えさせていただきます。

 

【交通の要衝としての名古屋】

名古屋は日本の中央に位置し、古くから交通の要衝として栄えてきており、交通や物流といった面での強みがあります。現代においてもその強みは健在であり、例えば戦後復興期に来るべき未来を見据えて造られた100メートル道路をはじめとする広い道路や、新旧の東名高速道路・名古屋高速・名二環等といった高速道路を含め、車社会の時代に対応した整備がなされています。今後も、東海地区協議会が早期実現を目指している名岐道路の計画が進むことで、更にその利便性が高まることも期待されています。

posuta-001

また、リニア中央新幹線・東海道新幹線を始めとする鉄道、5スターエアポートに認定された中部国際空港へのアクセスの良さも特筆すべき点であります。リニア中央新幹線が開通されることで、品川駅から名古屋駅を最短40分で行き来する時代が間もなくやってきます。それに伴って、大名古屋ビルヂング・JRゲートタワー等、名古屋駅周辺の大規模な開発も進んでいます。

matidukurikousouan matidukurikousouan2

そして、名古屋高速を含めた道路の導線整備が始まり、他地域からの流入のしやすさを実現するのみならず、栄と名古屋城と名古屋駅とを結ぶ、都市の中のエリア連携を視野に入れた構想も、実現に向けて動き出しています。

DSC_0371matidukurikousouan3

物流の面においても、名古屋港は総取扱貨物量・輸出額・貿易黒字額・自動車輸出台数において日本一を誇る貿易港であり、中部国際空港の輸出額も前年比19.4%増の1兆279億円(平成27年)に上ります。

このように、名古屋は国内・国外からのアクセスの良さ、それに伴う物流という強みを手にしていると言えるかと思います。だからこそ、名古屋のまちは経済的にも豊かで、暮らしやすいと言われるのではないでしょうか。

 

【都市の魅力】

さて、昨年、名古屋市が発表した『都市ブランドイメージ調査』では、名古屋が魅力に欠ける都市として大きく報道されました。しかし、この調査で注目したいのは、名古屋市民が魅力として認識しているポイントが、他の地域では名古屋の魅力としてあまり取り上げられていない点です。8都市全体の評価では、名古屋の魅力として評価が一番高いのは「名古屋城」となっていますが、名古屋市民は名古屋城よりも「なごやめし」や「大須商店街」の方を高く評価しています。

これは、名古屋のディープな魅力を上手く対外的に発信できていないことに原因があるのではないかと思われます。このように、名古屋には知られていないまちの魅力がまだまだありますし、レゴランド・ジャパン等、新たな魅力も生まれ続けています。これらのコンテンツをより上手く対外的に発信していくことで、来るリニア中央新幹線時代を名古屋の魅力を知っていただく絶好の機会にしたいものです。

 

名古屋リレー1 名古屋リレー2

【愛知の中の名古屋】

名古屋のまちの魅力は、先に挙げたもの以外にも、ものづくりや歴史、独自の文化、住みやすさ等、様々なものがあります。これらの魅力をさらに増すために最も大切なのは、交通の要衝としての強みを活かした、「まちとまち」・「エリアとエリア」を結ぶネットワークの強化だと私は思います。

先述した名駅・栄・名古屋城をつなぐ構想もそうですが、リニア特需に沸く名駅が単独で発展していくのではなく、名駅を基点として名古屋の他のエリアや県内各地への導線を確保して、特徴ある魅力的なまちやスポットを紹介していくことで、愛知・名古屋の包括的な発展が実現するのだと思います。

 

ここで、名古屋というまちのブランドイメージについて、少し考えてみたいと思います。

まず、比較として「東京」という言葉のイメージを取り上げたいと思いますが、日本の他の地域や海外で「東京」という言葉を聞いた時に、聞き手は「東京都」を具体的にイメージするわけではないと思います。また、関東圏に含まれる千葉や神奈川や埼玉等には、「東京」を名乗る企業や施設が多く存在しています。それは、東京という言葉に親しみやすさや、憧れがあり、関東圏という包括的な枠組みの中で「東京」と名乗ることで、「東京というブランドイメージ」を利用していることの現れではないでしょうか。

 

『都市ブランドイメージ調査』の結果にも反映されているように、名古屋が東京をはじめとする他の都市に比べてブランド力が弱いのは、「名古屋」という言葉が「名古屋市」のみで完結している点に原因があると思います。であるならば、愛知・名古屋、双方のブランドイメージを強めることで、相乗的に愛知・名古屋ブランドを日本のみならず、世界にアピールしていくことが重要なのではないでしょうか。

 

三英傑もTOYOTAも中部国際空港もなごやめしも、名古屋が誇りとし、或いは名古屋が大いに恩恵を受けているコンテンツですが、必ずしも名古屋発祥のものばかりではなく、愛知県内各地に縁のあるものばかりです。

愛知の魅力は名古屋の魅力、名古屋の魅力は愛知の魅力。そして、その魅力と魅力を結びつけるネットワークを確立していくことが、愛知・名古屋の発展につながるに違いありません。

 

愛知ブロックの33LOMの皆様、是非とも、新たな時代の到来に向けて、地域の魅力を活かし、共にこの愛知を盛り上げていきましょう!!