レポート作成の趣旨

本年度、日本の未来創造支援委員会ではデフレ脱却に向けアニマルスピリットを喚起する運動を展開しています。本レポートは、あらゆるアニマルスピリットを調査研究し、皆様にお伝えすることで、皆様の心の奥底に潜む情熱とアニマルスピリットを喚起してまいります。

今回はレポート第5回目の発信です。

★アニマルスピリットとは?

イギリスの経済学者ケインズが著書のなかで述べた言葉で、経済活動にある合理的行動ではなく、非合理的な心理的、感情的な要因をアニマルスピリットと称しています。本年度日本青年会議所本会は「未来への積極的な投資を行う精神」をアニマルスピリットと定義しています。

アニマルレポート2017第5弾~自社の技術を通じて、社会貢献活動に取り組む企業のアニマルスピリットとは!?~

地元小中学校や企業に呼び掛けキャップを収集し、その一部を寄付することで、世界の子供たちにワクチンを提供。積極的に工場見学・勉強会を開催することで、エコや環境保護を身近に感じていただき、エコキャップ運動を推進。中小企業だからこそできる社会貢献活動とは何か。独自のプラスチック再生技術を通じて、地域社会に密着、そして社会貢献に取り組むフジイ化工株式会社代表取締役藤井達雄様のアニマルスピリットをインタビューしてまいりました。

【会社名】 フジイ化工株式会社 代表取締役 藤井達雄

【事業内容】 プラスチック再生加工・着色加工

リサイクル原材料の販売

【ホームページ】http://fujii-kakou.co.jp/

【藤井社長のアニマルインタビュー】

【キャップアート】

キャップアート2  キャップアート

 

【ロケット発射】                【徹底した品質管理】      【世界の子どもにワクチンを】

ロケット 検査所 回収ボックス

材料  キャラクター

インタビュー