一般社団法人知立青年会議所2017年度事務局長を務めさせていただきます永原敬規と申します。

今回は昨年末にユネスコ文化遺産に登録された「山車文楽とからくり」と知立で開催されるお祭りについて紹介させていただきます。

秋葉まつり

1この知立の町は江戸時代、東海道の宿場町として栄えましたが、しばしば大火に見舞われ、火伏せの御神徳あらたかな秋葉社は町衆の厚い崇敬を受けてまいりました。

その秋葉社の例祭が本年は来る9月24日に斎行されます。当日、昼間は若衆が玉箱を担ぎ長持ち歌を歌いながら威勢よく各町内を練り歩き知立神社を目指します。夕方知立神社に宮入をし、神事の後、夜7時頃から六ケ町の若衆により、勇壮な手筒花火による煙火の奉納があり、多くの参拝者でにぎわいます。円陣を組んだ若衆達が手筒花火を両手に持つと、素早く点火。幾本もの火の柱が立ち、若衆の上にはおびただしい火の粉が降り注ぎ、観衆からは歓声と拍手が送られます。

2

手筒花火の合間には、乱玉の打ち上げや仕掛け花火の奉納もあります。知立の秋の風物詩として、昔より伝えられてきた勇壮な祭り行事です。ぜひ一度ご来観下さい。

ユネスコ無形文化遺産登録記念イベント開催

毎年、5月2日、3日に開催される「知立まつり」の山車文楽とからくりを含む全国33の「山・鉾・屋台行事」が平成28年12月1日にユネスコ無形文化遺産に登録されたことに伴い、ユネスコ無形文化財登録記念事業が開催されることが決定しました。

開催日時:平成29年11月12日(日)10時~16時半

会  場:旧東海道(本町公民館~丸八)

イベント当日は、勇壮華麗な5台の山車がリリオ前交差点に集合し、文楽人形や山車へのふれあい体験が行われます。また、迫力溢れる8名の梶棒による高さ7メートル、重さ5トンの山車の担ぎ上げや、山車文楽・からくりやお囃子の演奏も行われます。

ぜひ知立にお越し頂き、「知立のまつり」の魅力をご覧ください

3

 

ちりゅっぴ

最後に、今回も知立市のマスコットキャラクター「ちりゅっぴ」ですが、先月から投票が開始された「ゆるキャラ®グランプリ2017」では、9月1日時点で90,000票を超える得票をいただき全国1位!これからも頑張って知立の魅力をPRしていきます!

5

 

 

 

 

 

 

 

↓↓↓↓↓是非Facebookページへのいいねをよろしくお願いします!↓↓↓↓↓