経世済民フォーラム~アニマルスピリットを喚起せよ~

第50回愛知ブロック豊田大会にて、デフレ脱却に向け経営者層の皆様の積極的な投資意識を喚起するため、『経世済民フォーラム~アニマルスピリットを喚起せよ~』が開催されました。

日 時:9月9日(土)11:20~12:20

場 所:豊田スタジアムメインステージ

出演者:メインスピーカー
経世論研究所所長 三橋 貴明(みつはし たかあき)

ゲストスピーカー
明治学院大学大学院教授 菅 正広(かん まさひろ)

ゲストスピーカー
Tranzac株式会社 代表取締役 鈴木 裕輝(すずき ゆうき)

テーマ:アニマルスピリットを喚起せよ

 

★アニマルスピリットとは?

イギリスの経済学者ケインズが著書のなかで述べた言葉で、経済活動にある合理的行動ではなく、非合理的な心理的、感情的な要因をアニマルスピリットと称しています。本年度日本青年会議所本会は「未来への積極的な投資を行う精神」をアニマルスピリットと定義しています。

001

002

003

 

日本の未来創造支援委員会委員長の近藤寛充君より開催趣旨として以下の説明がなされました。

・アニマルスピリットの用語の説明

・アニマルスピリット=デフレ脱却と投資意識とする定義づけ

・三橋先生による講演の概要

デフレ脱却の目的

デフレ脱却のチャンスが訪れるという論理的な解説

・菅先生による投資行動の事例紹介及び実現に向けた熱い思い

企業の社会貢献に向けた新たな投資の仕組みについて

・鈴木社長による投資事例及び実現に向けた熱い思い

生産性向上に向けた投資事例

 

トークディスカッション

講師プロフィール

<三橋先生による講演>

004

005

 

まずは、三橋先生より経済の仕組み、デフレの原因について図表を用いて解説いただきました。政府の緊縮財政による根本的な原因がある一方で、我々企業にも内部留保・投資抑制、個々人の消費が減少することで世の中にお金がまわらなくなり、デフレスパイラルに陥っているということをわかりやすくご説明いただきました。

ただ、人口が減少している日本においては、供給能力より需要が上回るため(インフレ)、日本だからこそデフレ脱却のチャンスが訪れるということを、人口推計、失業率の減少傾向、有効求人倍率の増加傾向などのグラフを用いて論理的に解説いただき、将来投資に対しチャンスが訪れるという期待感を与えていただきました。

<菅先生による講演>
007
006

菅先生からは、格差社会を是正し、繋がりある社会を構築するため、日本において初となるマイクロファイナンスを適用するグラミン日本設立に向けた、新たな金融の仕組み、立ち上げの目的、世界での同様な動きについてお話をいただきました。

公益資本主義の実現に向けた菅先生の熱い思い、すなわち「アニマルスピリット」を明らかにしていただきました。

<鈴木社長による講演>

008

009

鈴木社長からは、昨今飛び交っているAI、IOTなどの基礎的用語の説明から、製造業を例とした各業務過程(事務、倉庫、製造、管理)の現状を解説いただき、まずは4つの工程をインターネットでつなぐだけでも生産性向上に向けた一歩となる取組事例について図を用いて説明いただきました。

自分たちの身の回りの作業を見つめなおしアナログ作業を電子化するだけでも、労働生産性が向上し、その中に新たなスパイスとしてIOT機器を導入することで、より良い社会が実現するという、身近な行動から社会を変えていく熱い思い、すなわち「アニマルスピリット」を明らかにしていただきました。

まとめ

010

菅先生、鈴木社長の2つの投資行動及び実現に向けた熱い思いを受け、三橋先生よりまとめとして、人口減少社会であるからこそ技術進化を牽引することができるのは日本であり、日本において必ず訪れるチャンスを信じ、100%成功するとわからないとしても果敢に行動を起こす気持ち、すなわち「アニマルスピリット」を持つことが重要との熱いメッセージをいただきました。更には、将来に対し期待感、実際に取り組むべきキーワードは「生産性向上」であることを、自分自身に胸にしまい込むのではなく、周りに伝播させることが我々JAYCEEの役割であるというエールをいただきました。

 

※日本の未来創造支援委員会では、未来への投資に向けた6つの情熱として「アニマルレポート2017(インタビュー動画)」を以下で配信しています。皆様ご視聴ください。
http://www.jaycee.or.jp/2017/tokai/aichi/?p=5066

 

↓↓↓↓↓是非Facebookページへのいいねをよろしくお願いします!↓↓↓↓↓