青年会議所運動とは、地域や社会の中で、市民の先頭に立ってリーダーシップを発揮し、問題解決のためのアクションを推し進めることを指しています。 動画は、1969年、東京青年会議所が日本最大の交通事故発生地区である小松川地区の交通安全を目的に行われた運動で、今では誰もが耳にしたことがある大きな運動となりました。 この「横断歩道は手を上げて渡りましょう」というキャッチフレーズが青年会議所から生まれ、全国的に広がりました。