道央エリア運営会議
事業計画

道央エリア運営会議 運営議長 北村 真

道央エリアは会員数減少や在籍年数低下にともない、JC運動への理解が深まらず、まちづくりの本質に迫る事業が展開しにくい現状であるとともに、エリア事業への参加率が低水準で推移しており、エリアに対する帰属意識が薄れつつあります。地域の持続的発展を可能としていくうえで、クオリティ溢れる地域連携と主体的な人財が生み出す「和」の精神性を基軸とした、個性と地域性が高い次元で調和する道央の「和」の構築が必要です。
まずは、塾生が地域の未来に向け主体的に行動する人財となるために、仲間との友情を育む機会を提供し、エリアで人間力向上につながる原体験を重ねることで、まちづくりへの強い意志を滾らせます。そして、全道の塾生が未来を切り開く人財となるために、LOMやエリア内では体感できない北海道のスケールメリットを活用し、成長への刺激が溢れる機会を提供することで、JAYCEEとしての揺るぎない誇りを醸成します。さらに、メンバーの絆を未来へ紡ぐために、互いに刺激しあえる人財交流の場を構築し、我々の友情から地域の連携を強めることで、エリアへの帰属意識を高めます。また、地域が抱える課題を解決へと導くために、各LOMを訪問し、顕在化した問題点や課題解決に向けた運動をエリア内で情報共有することで、地域再興に向けたLOM間の連携を強固にします。そして、持続的に発展するLOM運営を可能とするために、拡大に必要な資質向上に資する支援を行うことで、LOMの基盤を強化します。さらに、北海道地区協議会の運動を推進するために、侃侃諤諤と意見交換を行える会議運営を行うことで、相互理解を深めます。
妥協なく磨き上げられたクオリティを誇る我々の、まちづくりへの強い意志と高い当事者意識を持ち合わせた積極的な行動から、個性と地域性が豊かに調和した道央の「和」が伝播され、意識変革を遂げた主体的な道民とともに魅力と誇り溢れる北海道を創造します。

<事業計画>
1.エリアアカデミーの研修塾の開催
2.全道アカデミーの開催(4エリア共催事業)
3.エリア内交流・研修事業、エリア大会の実施
4.LOMの強化(エリア内各地会員会議所訪問)
5.エリア会議の運営・事業の推進
6.UN SDGsの推進
7.ブロック協議会の職務分掌に関わるすべての事業推進
8.第69回全国大会札幌大会に向けた主管LOMと副主管LOMの連携強化
9.日本JC、日本アカデミー会議との連携