道東エリア運営会議
事業計画

道東エリア運営会議運営議長 菅原 宏

 先達から紡がれた不変の理念を心に宿し、各地域の課題解決に向けた市民意識変革運動を展開してきた我々は、同志との切磋琢磨を通じて育まれた無二の仲間とともに、JCの存在価値を示し北海道を牽引してきました。地域の変革に挑む使命感と会員減少を打開する覚悟を行動力に変え、道東エリアの強みである横のつながりが最大限光り輝く人間力向上に重きを置き、地域の発展と自己の成長を追い求め続ける強いエリアの創造が必要です。
まずは、次代を担うリーダーを育成するために、各LOMの理事長が塾長となり、JC三信条を基軸としたJCの本質を伝授する研修塾を開催することで、失敗を恐れず果敢に挑戦する気概の奮起につなげます。そして、全道の塾生が自ら未来を切り開く人財となるために、北海道JCのスケールメリットを活用し、成長への刺激が溢れる機会を創出することで、JAYCEEとしての揺るぎない誇りを醸成します。さらに、各LOMが地域に根ざした運動を展開するために、互いを尊重する同志が切磋琢磨する交流と資質向上につながる事業を開催し、厚い友情の構築からエリアへの帰属意識を高めることで、強固な絆へと昇華させます。また、各地域におけるJCの存在価値を高めるために、各LOMが抱える問題点と課題解決策の共有から会員拡大促進をはじめ人財の開発に注力し、エリア全体が濃密な連携を図ることで、恒久的に発展する組織の強化へと導きます。そして、各LOMと北海道地区協議会が連携を深めるために、建設的な議論から相乗効果を生み出すエリア会議を開催し、北海道地区協議会の運動に対する方向性の共有と意志統一を図ります。
不変を変化で保ち常に真摯な態度で人間力向上に拘り続けた道東エリアに当然の如く道東魂が継承され、決して揺るがない道東道を貫き通した不撓不屈の精神が漲る道東から北海道を牽引する覚悟と使命感が道内全域に広がり、魅力と誇り溢れる北海道を創造します。

<事業計画>
1.エリアアカデミーの研修塾の開催
2.全道アカデミーの開催(4エリア共催事業)
3.エリア内交流・研修事業、エリア大会の実施
4.LOMの強化(エリア内各地会員会議所訪問)
5.エリア会議の運営・事業の推進
6.UN SDGsの推進
7.ブロック協議会の職務分掌に関わる全ての事業推進
8.第69回全国大会札幌大会に向けた主管LOMと副主管LOMの連携強化
9.日本JC日本アカデミー会議との連携