【ブロックオリエンテーション】

4月1日(日)に名古屋国際センターAnnexHallで、「とうかい号」愛知ブロックオリエンテーションを開催しました。「とうかい号」に乗船する一般団員の皆さまが初めて顔を合わせるということもあり、会場は非常にこれから始まる挑戦への、期待と不安で緊張感に満ちていました。

まず、「とうかい号」の概要説明として「とうかい号」事務局から説明をいただきました。そして、寄港地の台湾・台中、一般乗船経験者やその輩出企業のインタビューを上映し実際に「とうかい号」への不安を期待へとなるように、一般団員の皆様へお伝えをさせていただきました。次に「とうかい号」乗船後に成長した自分がどのような姿になりたいかのビジョンを想い描きながら、「自己分析シート」に記していただき、自らの状況を具体的に認識をしていただきました。そして、「とうかい号」船内で開催される「愛知ブロックナイト」の説明を行い、続いてグループごとに「愛知ブロックナイト」の内容やすすめ方についてグループディスカッションを行いました。はじめはぎこちなかったディスカッションも時間が経つにつれ意見が活発に出るようになり、白熱していきました。

最後に一般団員が未来へ向けて成長していけるように、に乗船前に具体的な目標を立てていただき、その立てた目標を踏まえて、「とうかい号」乗船によって成長しているであろう自分に向けて、手紙を書いていただきました。

orien_01 orien_02 orien_03

 

【ブロックナイト】

乗船して2日目の6月4日、船内で第45回JC青年の船「とうかい号」愛知ブロック協議会ブロックナイトを開催しました。

一般乗船者の皆さんがブロックオリエンテーションで初めて顔を合わせてから乗船までの約2か月、近隣の地域ごとに構成されたチームで度々集まり、課題曲 WANIMAさんの「やってみよう」に合わせたショートムービーと課題曲 安室奈美恵さんの「Hope」に合わせたパフォーマンスを考案し、各々の愛する地元の魅力を発信すべく練習を重ねてきた成果を発表しました。

どのチームも個性溢れるムービー上映とパフォーマンスを行っていただき、会場は大盛り上がりでした。乗船前からブロックナイトで優勝するという共通の目標に向かい一丸となって取り組んだことで築かれた絆が船内でのチームごとに分かれた生活でも心の支えとなり、船内での学びをより充実させるための一助となるとともに、下船後も繋がっていたいと思える生涯の友情となりました。

blocnight_01 blocnight_02 blocnight_03 blocnight_04

 

【下船後の集い】

7月13日、名古屋国際センターにおいて、第45回JC青年の船「とうかい号」下船後の集いを開催致しました。

まず、第45回JC青年の船「とうかい号」の振り返り映像を上映し、乗船していただいた一般団員の皆様に「とうかい号」事業を振り返っていただき、乗船中に得た学びや経験を思い返していただきました。

次に、チームごとにディスカッションを行っていただき、「とうかい号」事業を経て、自分たちがどのように成長したのか、「とうかい号」での経験をどのように社会で活かしているのかを話し合っていただき、「とうかい号」で得た学びや思いを共有していただきました。

最後に、チームごとにプレゼンテーションを行っていただき、チームごとに話し合って再確認した学びや気付きを発表していただくことで、「とうかい号」でそれぞれが得た経験を愛知県内から乗船した全団員で共有していただき、自分たちの企業や地域でのさらなる飛躍を誓っていただきました。

本事業の開催によって、乗船していただいた一般団員の皆様には、「とうかい号」で得た学びを乗船後も効果的に活かしていただく契機となり、愛知ブロック協議会が開催する「とうかい号」事業を締めくくることができました。

gesengo01 gesengo02 gesengo03