副会長運営方針

上原 聖二 君(松本JC)

信州の厳しくも恵ある豊かな自然環境の中で、学びと自治の精神を育んだ県民は、その恩恵を享受するとともに、相互扶助の精神の下、この地で豊かに暮らす知恵と工夫を見出してきました。この度、長野県がSDGs未来都市に選定され、SDGsの達成に向けた取り組みが期待できる今、我々が先頭に立ち、行政、企業、地域住民と意識を高め、地域の課題解決に向け、最大の効果と効率化を生み出せる環境を構築していく必要があります。
まずは、地域でSDGsに取り組むことが、なぜ必要か理解してもらうため、地域の持続可能な発展につながることを、分かり易く学ぶ場を設えることで、地域の活性化につながる意識の向上を図ります。そして、SDGsの達成に向けて、行動に移す市民や企業を生み出すため、我々が、行政、企業、地域住民と連携し、協働の機会を創出することで、意識啓発を行い、地域におけるSDGsの実践につなげます。さらに、多くのSDGsの取り組みや事例を知り、気付きを得てもらうべく、我々と同様に地域を想い、活動する人々にフォーカスし、議論を深める事業を行い、地域における市民意識の変革を図ります。また、地域の持続可能な発展を、効果的、継続的に実行するため、県内全17LOMで、SDGsの達成目標に向けた事業の創出、実施を促すことで、地域の課題解決に向けた最大の効果を生み出す環境を構築します。そして、子供たちの明るく前向きな心を育むため、JCカップU-11少年少女サッカー大会全国大会に向けた予選会を実施し、子供たちが挑戦とチームワークを学び楽しむことで、子供たちの溌剌とした豊かな心を育てます。
少子高齢化やグローバル化の中、信州に住まう一人ひとりが、誰一人として取り残されることなく住み続けられる、豊かで活力ある地域の未来への一歩を踏み出すとともに、将来への夢を描くことができ、誰もが豊かに暮らしていける幸せな信州を実現をします。

小池 竜昇 君(佐久JC)

信州は春夏秋冬すべてにおいて素晴らしい1 顔を見せてくれる我が故郷です。その故郷の人口は長期的な減少傾向であり、牽引すべきJAYCEEもまた減少しています。しかしながら、この信州にはいまだ多くの社会的資本があり、何より多くの人材が存在します。そのような状況だからこそ、地域を牽引するリーダーとして、メンバー一人ひとりがJC運動の本質を理解し、LOMの運動を活性化させ、会員拡大を行っていくことが必要です。
まずは、LOMの活性化並びに会員拡大のために、JCが地域社会を牽引し、豊かな社会を目指す団体であること並びに青年の最大の成長の場であることの運動及び活動の発信を行い、JCの存在意義を高めます。そして、会員拡大を行いやすい環境を創造するため、全国のLOMの会員拡大事例や、地域の人材の情報収集に投資を行い、データベースとJCを紹介するツールを作成し、長期的な会員拡大をブロック全体で行う体制を構築します。さらに、会員拡大の手法や勧誘の取り組みを学び、積極的かつ効果的な拡大活動を実施するため、ブロックと県内各LOM及び県内経済団体をつなげ、協力して運動を展開させることで、会員拡大への意識が高まる環境を構築します。また、JCの存在意義、JC運動の本質、地域に対する影響力を学ぶため、ブロックアカデミーを開催し、メンバー一人ひとりの意識とLOMの活動の質を向上させ、地域を牽引するリーダーへと成長させます。そして、これからの信州に価値を創造し価値そのものをデザインすることができるリーダー育成のためのフォーラムを開催し、青年に新しい時代に必要とされる力を与えます。
JAYCEEとしての自覚とプライドをもっており、地域の未来を牽引していくリーダーとして活動している我々一人ひとりが、魅力と夢に満ちあふれた人材となり、成長を止めないための挑戦を継続し、誰もが豊かに暮らしていける幸せな信州の実現を目指します。

山岸 卓三郎 君(諏訪圏JC)

自然豊かな信州は、先代より、歴史や伝統、文化が受け継がれてきており、県歌「信濃の国」の一節に「みち一筋に学びなば、昔の人にや劣るべき」とあり、教育県と呼ばれてきた県民性を表し、自らが積極的に知識や技能等を身に付けようとする「学びの風土」があります。私たちは「学びの風土」を元に、この信州への郷土愛を持ち、地域の魅力を発信し、課題を解決すべく今後の地域を発展させていく継続的な活動をする必要があります。
まずは、長野ブロック大会大町大会を開催するに当たり、県内各地青年会議所メンバーが一堂に集い、長野ブロック協議会の活動や目指す地域の姿を学び、信州の魅力を県民や行政に発信するとともに、メンバー同士の情報交換や絆を深める機会を提供します。そして、誰もが豊かに安心して暮らしていける信州となるために、継続可能で健全な財政を両立させ、確実な社会保障制度を確立させるべく、現在の状況を調査し、議論を巻き起こし、一人ひとりが社会保障制度について認識して、自ら選択できるように意識付けをしていきます。さらに、信州の未来の宝である子供の減少問題について歯止めをするために、若者が将来の生活に希望を持ち、家庭を築き、子供を育てることができるような環境を整備し、地域社会が持続できる多子社会を実現できるように討論し、長野県へ提言していきます。また、本年度は参議院統一地方選挙が行われ、我々の暮らす信州の将来の選択をより良いものとするために、公開討論会を実施し、信州に即した社会保障制度や多子社会の実現について各候補者のビジョンを理解し、政治に興味をもって参画する意識を醸成します。
信州に対する類まれなる郷土愛を有する我々青年会議所メンバーが率先して地域課題について提言し取組む姿勢を示し、積極的に興味・関心をもち自らも考え政治へと参画していく信州人を一人でも多く増やし、誰もが豊かに暮らしていける幸せな信州を実現します。