人と人が繋がり全員が挑戦する茨城の創造

会長意見書

  • HOME »
  • 会長意見書

 
                           意  見  書

                         「本質を考えた行動」

【はじめに】
2006年に青年会議所に入会した当時、私はこの組織の事を全く知りませんでした。
誘われるままに総会に出席し、入会を認証して頂きました。どんな事をしているのだろうか。先輩達を遠目に見ていました。わからないまま受ける例会や事業への出席要請は、面倒に思うような時もありました。それが続くと委員会にも顔を出さなくなります。行かないのだから何もわからないのは当然です。自分と組織の距離は縮まりません。本当に失礼な人物であったと思います。そんな時、茨城ブロック協議会への出向に誘われました。当然、役職はありません。顔を出していないのに声をかけられたことが本当に嬉しく、その時の気持ちは忘れません。そして、出向した先で衝撃を受けました。県内各地から数時間かけて集まるメンバーが何人もいて、その人達はみんな笑顔でした。いつの間にか私から茨城ブロック協議会への出向は良いものだとLOMのメンバーに伝えるようになっていました。ある時、LOMの中の誰かが茨城ブロック協議会への出向はすごく楽しくて、と言っていたことを聞きました。きっかけは人それぞれであると思います。私は自己研鑽には興味がありましたが、まちづくりには無頓着でした。ですが、出向を機に私が住む茨城がどうなったら輝くのかを考える機会も増えました。それと同時にLOMの中でも様々な役職を受けるようになり、沢山の人と出会い、自分は何か変化出来ているのかと振り返ることも増えてきます。役職を受けると仕事以外で忙しくなります。それでもなぜか仕事がまわらないわけでありません。その裏側には、誰かに支えられていることを実感させられます。これは仕事だけでなく、青年会議所運動においても同様です。役職を受ければ誰かの支え無しではやり遂げられません。青年会議所では広い視野で物事を見て、自己研鑽をし、人との出会いを経て成長させて頂くことが出来ます。同じ志を共有し、自分以外の誰かの為に行動しましょう。それはきっと自分の為にもなるはずです。明るい豊かな社会の実現は我々が行動をすることで可能になります。思っていても行動しなければ何もしないのと同じです。行動する為には何のために行動するのかを考える必要があります。つまり我々は学び続けなければいけません。我々青年が学び続け、行動し続けることで周囲の人を巻き込み、地域を巻き込み、より良くなるために更なる成長をすることが必要です。青年会議所での行動は成長が約束されています。こんな組織は他にないと自信をもって伝えましょう。
2019年はいきいき茨城ゆめ国体が、2020年には東京オリンピックが開催されます。近年まれにみるビッグイベントの連続で、茨城県を含む関東近郊は熱気に包まれることが予測されます。この状況から連鎖的に好循環を生み出し、明るい未来を創造する為に我々青年が行動し、各地域の問題に主体的に取組み、人材としての成長が地域の成長につながると確信しています。

【新たな出会いと多くの気付きを得る為に】
 茨城ブロック協議会の総会員数は1000人を切っています。確実に人数が減少している証拠です。例年の引継ぎ事業であるメンバーの拡大はどの地域においても重要です。我々は40歳で卒業という期限付きで活動しているなか、35歳以上の年齢が非常に多い現状は、数年後の組織の形態がどうなるか想像するまでもありません。ですが、女性メンバーや20代を含むメンバーも増えてきて、明るい兆しもあります。我々の周りにはまだ青年会議所を知らない人も多いでしょう。その中には、変化のきっかけを探している人や現状に漠然とした不安を抱く人がいるのではないかと思います。2019年度は拡大支援のターゲットに30歳前後を中心に絞っていきます。目的を持って行動する為の指標を共に考えていきたいと思います。社会に出て数年、仕事に対しても更なる成長を求めている青年が青年会議所に在籍する我々と互いに未知の存在となっているはずです。更なる成長を求めて悩みを抱える方々は、青年会議所に入会し、我々と共に活動すれば悩みを払拭出来るし、自分たちが主体的に行動することで地域を盛り上げることが出来るようになります。そこには他では得られないほど多くの知識と出会いが待っていて、青年会議所だからこそ地域のリーダーとなる人材へと成長出来ることを伝えましょう。
 より的確な支援をしていく為に、早い時期に明確な目標をたてて共に行動していきます。後半の事業や研修に参加して、成長を感じてもらえるように、LOMが動き易いようなスケジュール管理と手法を共有します。また、入会を決めた人の土台作りが大事だと考えます。その為に、既入会の人材育成も必要です。入会して得られた各々の成長と有益な情報をLOM毎に集計して共有します。教育・研修・経験を重ねたメンバーが、互いに磨き上げることで化学反応のように相乗効果が生まれます。その相手は誰かわかりませんが、行動し続けることで磨かれていきます。切磋琢磨そのものです。入会すれば成長出来ると、自信をもって伝えてもらえれば次の拡大にもつながります。青年会議所にはプログラムやセミナーがあるのだからこれを活かすべきです。地域を牽引できるメンバーを育成し各地青年会議所、そして地域に必要とされる人材へと導いていきましょう。

【地域の魅力を浸透させる】
茨城県は陸海空の交通インフラも順調に整備され、観光に力を入れています。「おもてなし日本一」を目的に掲げ、いばらき観光マイスターの制度化などワクワクする内容で、迎える側も楽しめるような取組もあり、魅力の発信をする為に多くの試みがされています。日本ジオパークに認定された筑波山地域ジオパーク、近世日本の教育遺産群として日本遺産に登録された弘道館。歴史を積み上げた素晴らしい景観や文化、茨城県でしか味わえない魅力があります。一つ一つの魅力的な資源が各地域にあることを茨城県民の皆様が心から喜び、説明できるでしょうか。我々はこのような資源を認識し、スケールメリットを活かして発信をし続けなければなりません。その為に各地域をよく理解し、深くかかわることでまちづくりに活用していける知識を得ることが出来ます。2016年度に各地域、各自治体の様々な観点から作られた事業に対し、地方創生加速化交付金が交付されました。これらを調査して、魅力を創生していく過程を知れば、これからの魅力を発信する為の手がかりをつかめるようになります。魅力を知り、新たな価値を創造することで地域の活性化を促し、さらに磨きのかかった茨城を発信することが出来るでしょう。我々が魅力を発信することはまちづくりにつながっていくのだから。

【国民主権の意識醸成】
18歳に選挙権が与えられ2年が経ました。学校での教育が実を結び18歳の投票率は19歳の投票率に比べ、割合が多いという結果が出ています。19歳は進学や就職の為に住所が変更になっているなど理由があるようですが、若年層の投票率が上がるということは素晴らしいことだと思います。しかし、全体的に年々投票率は下がってきています。特に近年は20代、30代の投票率が低迷しています。危惧されることは、興味がない、難しい等、主権者としての意識という以前の問題なのかもしれません。1947年に制定された日本国憲法により、日本は国民主権とされています。国民主権とは、我々が政治に参加する為には選挙にすべてが委ねられていて、選ぶ我々に責任がある。ということであります。選挙に行っても何も変わらないから、というならば、行かないことはもっと変わらないことになります。やはり、政治選択をする為の理解を深め、判断する力を養う必要があります。主体的に地域の事を考えるようになる為には、高校生から青年世代が関心を持って選挙に臨んでもらう必要があります。その為に茨城ブロック協議会の運動で、選挙と主権者をテーマに、ある出来事の判断をし、議論をすることで意識の変革を促し、選択することの価値を高めましょう。主権者であるとは年齢に関係ありません。自分の判断が問題解決に繋がり、多くの方に世の中をより良くするという意識を持つきっかけを作ります。一般の方々に国民主権であることを再認識して頂き、その手法は選挙に委ねられている事を改めて理解してもらう機会を構築していきましょう。

【未来を担う人材の為に】
若いうちは何でも挑戦しろ、とよく言われますが、まさにその通りであると思います。人は気付き・成長する為に体験することが必要不可欠です。チームスポーツやボードゲームでの交流。その先にある思いやり。人との交流を繰り返すことで、人は気付き・成長していきます。これは我々青年世代にも当てはまることで、青少年と交流し共に体験し、成長させて頂けます。青少年の育成に役立つ手法としてここまで培われてきたJCカップを2019年度も開催します。そして、近年開催されてきたハイスクール議会は、高校生にとって価値のあるべきものだと考えます。高校生は柔軟な発想をもとに議論した結果を提言し、過去のハイスクール議会OBや多くの同世代を巻き込みながら交流する事業となれば自発的に主体的に行動するきっかけになります。茨城県の現状や魅力を考えることで茨城県をより知ることが出来るし、他校との交流も生まれます。そして議会さながらの体験をすることで普段することのない経験を積むことが出来ます。一つのブランドとして確立し、成長できるツールとして認知されるような事業構築が出来れば、茨城ブロック協議会というフィルターから未来を担う人材が輩出され、夢と希望溢れるいばらきを創造できると信じています。

【交流と未来につなぐ情報発信】
情報発信が自由になってきた時代で、個人の手元で情報を調べ、獲得することが容易に出来るようになりました。我々の運動がどのように進んでいるか、どんな事業を展開しているか、システム化し、より多くの人に発信する必要があります。情報が伝わらなければ何もしていないのと同じです。より広域的に一般の方々にも事業へ参加して頂く為に、速いスピードで情報発信をし、茨城ブロック協議会を中心に24LOMの運動も発信します。茨城ブロック協議会と各LOMをつないだプラットフォームで発信が出来れば、それぞれの運動を確認しあい、メンバー間の成長や交流につながります。様々な人に認知してもらい、交流をもつ為に茨城ブロック協議会は広く、速い発信をするべきです。

【人を巻き込むブロック大会】
2019年度は石岡の地で茨城ブロック大会が開催されます。茨城ブロック大会を開催する目的を確認し、開催する地域益と来場する参加者益を念頭に議論をし、その意義を共有するべきです。茨城ブロック大会に関わる全てのメンバーが誰かの為に行動することで、事業への参画意識の向上にもなるし、茨城とその地域を創っていくことに主体的に考えるきっかけになります。主体的に行動するメンバーが増えればこの茨城はますます魅力あふれる地域になると確信しています。茨城ブロック協議会のスケールメリットを発揮し、メンバーの成長、LOMの成長、その地域の成長に繋げられるでしょう。
そして、各地域のメンバーが茨城ブロック大会に参加した時に、自分のLOMならどうするかという想像を持ち帰ってもらい、議論してもらうことで大会はさらに向上することを期待します。在籍人数が少ないから、参加人数はどの程度か、予算はどのくらい必要か、問題はあるでしょう。でも、ネガティブに考えることはありません。何の為にやるのかを明確にして、やり遂げる決意があれば、共感し協働の気持ちで県内の同志が共に事業を構築していく姿があるはずです。次は自分たちがと手を挙げてもらい、その想像を形に出来るよう努力をしてもらえれば、必ず成長が待っています。

【むすびに】
 絶え間なく起こる世界中での戦争や核問題。東日本大震災や熊本地震。関東・東北豪雨による水害。日本列島を包み込んだ平成30年7月豪雨。世界情勢や災害だけでなく、我々は混沌の時代を生きています。そんな中で、青年世代がするべきことは何か。何の為に青年会議所が存在しているのか。誰かが、誰かの為に、能動的に主体的に物事を考える為の学び舎なのではないでしょうか。個人が成長する手段として活用するべきです。個人が成長することは地域の成長へと必ずつながります。我々が歩みを止めてはいけません。こんな時代だからこそ青年会議所が必要とされているのです。辛いことや理不尽なこと、時間に迫られ苦しむこともあるでしょう。大切なのは行動することであり、振り返った時にその行動した経験が自分の背中を押してくれるはずです。寄り道や、無駄だと思われることもあるかもしれません。振り返れる時がずっと先かもしれません。都合を考えずに、自分を信じて行動しましょう。振り返った時に無駄だったと思えることは全て「たから」になるはずだから。自己研鑽し続けることで我々は成長し続けられます。誰かの為に、何かの為に、を考え続けることで、その成長は組織を成長させます。それを誰かと共有できることは幸せな事なのです。
「無駄の中にたからがある」
私の好きな言葉です。
自分から変わらなくてはいけません。家族の為、友人の為、何かの為に誰かが動くのを待っていては何も始まりません。自らの行動で変化をもたらし、誰かの為に、なんの為に、を考えながら行動しましょう。気づいた時には輝く人材と輝く地域になっています。何かを成し遂げる、何かを変えていく、それらは全て人の行動であり、我々が成長することでこの茨城を盛り上げていくことが出来るはずです。
一度しか行けない場所に、楽しみな旅行をするように、予定をぎっしり詰め込んで、誰かが喜ぶような計画を立てる。その喜びは自分の喜びに変化してくる。そんな思いで皆様と共に行動させて頂きます。 
多くの成長を生む為に。

 

日本青年会議所

○○ブロック協議会

PAGETOP
Copyright © ○○ブロック協議会 All Rights Reserved.