絆が創る未来へ

拡大アカデミー委員会

拡大アカデミー委員会 基本方針

JC運動の目的は明るい豊かな社会の実現であり、まちづくり運動を今後も発展させていくためには拡大活動の必要性を理解し会員拡大に対し主体者意識を持ち続けなければなりません。また、経験が浅いまま卒業するメンバーの増加でJC運動の参画から得られる喜びを感じる間もなく卒業し、JCの魅力を伝播することが難しくなってきており、まずは同じ志を持つメンバーを増やし、地域に頼られるメンバーの人材育成が必要であります。
まずは、地域から日本の未来を切り拓くために人材育成の会員研修に関わる本会公認のプログラムを21LOMに普及推進し自己成長の機会を提供致します。そして入会の浅いメンバーや経験の少ないまま要職に就くメンバーを中心に新たな出会いを通じて、様々な価値観や人間力に触れて自己を築き上げるために2019かながわアカデミーを開催し、自らの限界を超えてチャレンジできる人材を育成致します。さらに、LOMの組織力を高めるために青年会議所の受け継がれてきた歴史や手法を学び、JAYCEEとして身に付けておくべきスキルや知識の向上を図って参ります。また、拡大に対する意識を一過性のもので終わらせないために21LOMの拡大担当者と定期的な情報交換を行い、積極的で効果的な会員拡大活動の支援を行って参ります。そして、会員減少を打開するために21LOMの拡大に対する様々な課題などを共有し、刺激し合うことで各LOMの拡大の目標達成の支援を行います。さらに、会員拡大の意識高揚を図るため、会員拡大褒賞を実施し切磋琢磨することで全メンバーが次年度も会員拡大に積極的に取り組めるよう支援します。
JC運動の意義を学び全員が挑戦し会員拡大に取り組んだことにより、21LOMの繋がりが強くなり、積極的にJC活動に参加したJAYCEEが自己成長を実現させ、地域に必要とされる組織となり繋がりから生まれる幸せに満ちた神奈川の創造を実現致します。

拡大アカデミー委員会 委員長 小林 拓也
(公益社団法人茅ヶ崎青年会議所)

事業計画

1:会員研修に係る本会公認プログラムの21LOMへの普及推進(通年)
2:21LOMの会員研修支援(通年)
3:21LOMの会員拡大支援(通年)
4:2019かながわアカデミー開催
5:ベーシック研修事業の開催
6:21LOMの会員拡大褒賞の実施
7:【ブロ連】ブロックと連携した会員拡大支援の企画・実施
8:【ブロ連】ブロックアカデミー事業と連携したカリキュラムの企画・実施

 

PAGETOP
Copyright © 神奈川ブロック協議会 All Rights Reserved.