JOY to KINKI! ~すべては近畿の幸せのために~

布施商店街連絡協議会 SDGs取組事例

布施商店街連絡協議会

SDGs取り組み事例

布施の商店街を知ってもらい、地域活性!

昭和55年から駅周辺商店街や小売市場の会員約450人が企画してスタートしました。100軒以上の露店が並び、布施の夏の風物詩として定着しています。布施商店街を知ってもらい、日頃からご利用いただくきっかけになればという目的で開催しはじめました。また露店業者は入れず、商店街組合員が毎年模擬店を自分たちで用意し、金魚すくいやくじ引き、綿菓子やカキ氷などの屋台を出しています。

 


取り組み事例紹介

事例① 露店業者は入ず、商店街組合員が毎年模擬店を用意

的屋は入れずに商店街の事業者で屋台を出しています。アルバイトも自分たちで雇用した上で開催して地域の雇用や露店の価格の維持、地域の住民とのふれあいを大切にしています。


事例② 昭和55年からスタート 布施商店街の未来への取り組み

地域活性、認知度アップによる持続可能な地域経済の創出を目 指し商店街の開店時間の延長に貢献して利便性の向上と顧客の 維持に役立てています。


SDGs推進宣言

夜市がスタートした時代と商店街の状況や顧客の状況がどんどん変化していっています。
今後も夜市を継続させるためにも変化が求められる時代になりました。
古くからの慣例にとらわれず新しい取り組みを展開して今の時代に合致し永続的に開催できるように、地域の住民に喜んでもらい必要とされる夜市、商店街を運営していきます。

 


画像1
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE

新着情報

「目指せ防災マスター!地球最速の防災パートナーを見つける防災マッチング」開催のお知らせ。

目指せ防災マスター!地球最速の防災パートナーを見つける防災マッチング 近畿圏内にて各地の青年会議所と災害対 …

「経済人会議 未来へつなげ!地域経済ビジョン」開催のお知らせ

3月29日(金)、京都経済センターにて「経済人会議 未来へつなげ!地域経済ビジョン」を開催いたします。 地域創 …

近畿地区協議会 2019年度 第1回 会員会議所

1月18日(金) 京都会議が開催される最中、公益社団法人 日本青年会議所 近畿地区協議会 2019年度 第1回 …

日本青年会議所

PAGETOP
Copyright © 近畿地区協議会 All Rights Reserved.