「Action!~新時代の羅針盤となれ~」

会長所信

  • HOME »
  • 会長所信

【はじめに】
今、平成という一つの時代が終焉を迎えようとしています。バブル経済の崩壊から始まり、アメリカ同時多発テロ、東日本大震災などの頻発する大規模な自然災害。激動と言われた昭和から移り変わったこの平成という時代もまた激動の時代でありました。国際社会のみならず地域社会においても我々を取り巻く情勢は目まぐるしく変化する中、混沌とした状況を未知の可能性と置き換えて前向きに活動する青年会議所も、刻一刻と変化する時代のニーズに対応すべく変化が求められています。いつの世も新時代を切り拓いてきたのは青年の情熱と行動でした。新たな年号のもとに幕を開ける新時代を担うのは、まさに我々青年です。「明るい豊かな社会の実現」という変わらない使命のために私たちは変わり続けなければなりません。

【地方消滅時代を逞しく生き抜く】
人生最後の学び舎と評されるJCから今の岩手の経済を牽引する多くの経済人を輩出してきました。現代社会において、インフラ整備や情報化・IT化が進み成長する地域と衰退する地域の差が日増しに顕著なものになっており、全国の半数を超える自治体が消滅の危険性があると言われています。今を生きる我々は、未来を生きる人のために、地域に山積する課題とどのように向き合うのか、現実を直視する勇気が求められています。地域が慢性的な不況のまま殺伐とした地域へと成り下がるのか、それとも先駆者として課題を乗り越え、隆盛を築いた地域として脚光を浴びるのか、これは一概に政治の裁量や責任ではなく、我々の肩にかかっています。特にこれからこの地域を活性化していく為には若者の力が大きな原動力となると考えます。地域の問題を自分の問題と置き換え、地方消滅時代を逞しく生き抜く青年の英知と勇気と情熱がこの地域に明るい展望をもたらします。

【未来の創造に向け、今を動かす】
地域の未来を作るのは、未来を生きる人でなく今を生きる我々です。地域の宝である子供たちが夢を叶えるのは当事者である子供たち一人ひとりの努力次第ですが、我々にはそれをサポートし環境を整える責務があります。都会だから、地方だからといって描く夢にギャップが生じてはなりません。子供たちが夢を叶えられる未来を創造するために、行政でも教育機関でもない、我々だからこそ出来る青少年育成を展開していきます。また、岩手は東日本大震災を筆頭に、台風被害や大規模森林火災など幾度となく大きな災害を経験してきました。しかしその度に、国内外の多大なる支援を頂きながら不屈の精神で立ち上がってきた歴史があります。本県でも開催されるラグビーワールドカップ2019日本大会をはじめ、様々な機会に真の復興へと歩みを強めるとともに世界への感謝を伝え、明るい未来をつくっていきます。

【岩手ブロック協議会の存在意義】
LOMから一番身近な日本JCであるブロック協議会は各LOMからの出向者で構成されることから、出向者個人とLOMへ出向益をもたらさなければなりません。県内に存在するそれぞれが輝く個性を放つ13LOM、そしてメンバーのネットワークとなり、全てのLOMが足並みを揃え力強く前進するために、有益な情報の受発信を行っていきます。設立から50年という節目を間近に控える中、岩手ブロック協議会設立の原点に立ち返り、LOMに寄り添った協議会運営を行っていきます。

【効果的運営による組織の強化】
組織の根幹は人です。JCのルールは、地域社会のルールと比べて、必ずしも合理的で効率的といえるものではないかもしれません。一見、非合理的で非効率的と思えても、あえてルールに則った行動をすることで、組織の安定した運営ができると考えます。コンプライアンスの徹底を進める過程においては、これまでに培ってきた歴史と伝統を継承しつつも、時代に則した運営の方法で進化させていかなければなりません。ルールの範囲内で合理化や効率化を図ることにより、自分で考え、自分で判断するといった自律性を養い、メンバー各々を成長させ組織力のさらなる強化に繋げます。人の成長、人と人との繋がりにより組織を強化していきます。

【結びに】
私は2009年に久慈JCに入会し、自己の成長とまちの発展のために活動をしてきました。思い返してみると私のJCライフはトライ&エラーの繰り返しで、誇れるものはほとんどありません。しかし、この組織の活動を通じて多くの経験と、かけがえのない仲間という財産を得ることが出来ました。JCは単年度制、いわゆる不連続の連続の組織です。毎年変わる組織の中で様々な仲間から支えられ、育てられ、自分自身でも成長を感じるに至っています。これまで多くのJCメンバーと関わりを持たせて頂きましたが、全員が社業に携わり、そのうちの多くが家庭を持つ社会人です。なぜ忙しい中で自らに修練を課しJCを行うのか。そこには自らの成長と地域の発展という明確な目的があるからに他なりません。物事は本気で向かい合い取り組むことで変化が生まれ、進化を遂げます。地域の未来創造を担う我々が青年経済人として、JAYCEEであることが武器になる魅力的で強い組織を作り、いわて13LOMがしっかりと足並みを揃えて展開する運動や活動が今を動かし、この瞬間の連続を地域の明るい未来の創造に繋げるために、逞しく挑戦していきます。

 

 

日本青年会議所

PAGETOP
Copyright © 岩手ブロック協議会 All Rights Reserved.