山形ブロック協議会2019年度公式ホームページ

ブロック大会運営委員会

事業計画

山形ブロック協議会  委員長 戸田 竜馬

私たちの相互理解と交流を目的として始まった会員大会は、山形ブロック大会と名称を変え、より公益性を求めメンバーと県民に対して利益をもたらす一つのJC運動へと変化を遂げました。県民の意識変革を目指し率先して行動する我々が、郷土愛や思いやりを持つ県民とともに未来のやまがたを見据え、人と人とのつながりから生まれる力を、地域を変革する原動力に変え明るい未来の創造に向けて歩みを進める大会にする必要があります。
まずは、我々が取り組む運動の発信力を高めるために、鶴岡市の特色を織り交ぜた効果的な情報発信を積極的に行い、新たな参加推進方法を生み出すことで、メンバーと県民の参加率の向上を図ります。そして、参加者全員の運動意識を高めるために、我々の運動が発信できる大会式典を開催し、メンバー同士の相互理解と各種関係団体とさらなる協力体制を構築することにより、我々が取り組む運動の意義を共有します。さらに、県内の地域発展に資する大会にするために、分科会やメインフォーラムから得られる新たな気づきや学びの機会を提供し、来場した方々の資質向上を図り、県民先導のまちづくりへとつなげます。また、まちづくりに対する当事者意識を一人ひとり生み出すために、鶴岡市が持つ魅力ある資源を最大限に活かした地域活性化事業を開催し、参加者全員がそれぞれの地域に持ち帰りまちづくりに活用することで、県内各地域の持続的発展に寄与します。そして、大会のさらなる進化につなげるために、過去の大会から学んだ手法や成果を検証し開催予定地の調査や時代に合った方針を検討することで、次世代により良い形で引き継ぎます。
地域発展に挑戦しつづける強い志と覚悟を持った我々と、意識の変革を遂げ強い絆を結んだ県民が、共に故郷を愛する県民先導の新たなまちづくりの担い手となり、人と人とのつながりから未来を切り開く原動力が生まれ、夢と笑顔溢れる「やまがた」を実現します。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
PAGETOP
Copyright © 山形ブロック協議会 All Rights Reserved.