11月28日(木)静岡県庁を訪庁し、静岡県政策推進担当部長 佐藤典生様に「成長戦略としての多子社会の実現」と題し、少子化対策への提言書を提出しました。
本年度公益社団法人日本青年会議所東海地区静岡ブロック協議会では、2回にわたり「多子社会の実現へ向けた国民討議会 静岡大会」を開催し、静岡県民の子育て世代、これから子育てをしていく若者たちとともに、どうしたら子供を産み育てやすい社会とすることができるかについて議論してまいりました。この討議会で出た意見をまとめ、「子育て世帯への優遇政策」「不妊治療および出産に関わる費用の無償化」「育児を支える地域コミュニティの推進政策」等を含めた提言書を作成し、今回の訪庁に際し、提出させていただきました。
提言書を受け取られた佐藤部長からは、「県民の意見をこのような形で受け取ることができる機会はありがたい。今後子育てに関する政策を策定するにあたって参考にしていきたい。」とのお言葉をいただきました。
子育て世代を含む若者が「どうしたら子供を産み育てやすい社会になるか」を考え、議論し、声を上げ続けていくことが、希望に満ちた子供たちで溢れた明るい静岡となることに繋がると信じ、今後も活動を続けていきたいと思います。
S__3481646

S__3481648

S__3481649

S__3481650

S__3481651