8月19日(水)三原国際ホテルにて一般社団法人三原青年会議所の8月例会にブロック会長公式訪問例会として伺いました。

一般社団法人三原青年会議所 勝村 晋 理事長ご挨拶

image001

 

 

 

 

 

 

 

本来ならば、この8月例会でやっさ祭り、お疲れ様でしたと労いの言葉を言うところでございましたが今年は言えぬ夏になってしまいました。特にやっさ祭り実行委員会の皆様にとっては悔しい思いをされているのではないかと思っております。

そんななかでもLOMの活動は試行錯誤しながら活動しております。それは広島ブロック協議会も同様で、どんな状況でも活動は続けなければならないと日々頑張っておられると思います。そんな広島ブロック協議会役員の皆さんが本日公式訪問例会ということで8月例会にお越しくださいました。ようこそ三原青年会議所8月例会にお越しくださいました。本日は最後まで、よろしくお願いいたします。ブロック協議会の集大成であります広島ブロック大会in呉ですが現在WEB配信での開催を検討しております。皆様の登録料で成り立っております、この広島ブロック大会ですので趣旨を御理解いただきまして是非、全員で登録していただければと思いますので私からの御願いといたします。

話は変わりますが2020年の4月~6月までのGDPが-27.8%と戦後最大に落ち込みました。7月からは少し回復傾向に見られておりますが外食産業や観光業は直接的な被害に直面して、その余波が日本経済全体を巻き込む可能性があります。先行き不透明な経済状況に民間投資や公共投資も抑えられる恐れがありますので経済状況を注視しながら皆様の経営を守っていただければと思います。

また8月9日に新市長が誕生しました。それに先立ちまして公開討論会を実施いたしまして福戸山委員長を始めとされます組織力向上委員会の皆様には1ヶ月というに短い準備期間でございましたが、よく頑張って開催していただきました。協力していただきました皆様に対しても改めて御礼を申し上げます。市民の声も公開討論会を実施したことに対して好意的な意見をいただいております。そして誕生したのが35歳の岡田新市長でございます。当選した勝因を私なりに考えたのですが政治不信、社会情勢の変化、自然環境の激変の中で市民の皆様は若い世代に期待をしているのではないかと思っております。新市長と私たちは同世代です。市民は若者に対して若者に期待しているのではないでしょうか。私たちが市民に期待されるような、そういった組織作りをして、そういった組織になることが必要だと思っております。今年も残すところ4ヶ月と迫ってまいりましたが今後とも三原に良い影響を与えられるような活動を展開していただくことを期待しております。

最後になりますが次年度も少しずつ動き始めました。しかし未だ今年もやり残したことが多分にあります。本日の例会が会員の皆様にとって、そして広島ブロック協議会の皆様にとって有意義な時間となりますことを祈念申しまして私からの挨拶に代えさせていただきます。本日は最後まで、よろしくお願いいたします。

 

 

image003

 

 

 

 

 

 

広島ブロック協議会 田中 亮介 会長ご挨拶

本日は広島ブロック協議会の役員を三原青年会議所の例会にお招きをいただきまして、ありがとうございます。改めて自己紹介をさせていただきますが広島ブロック協議会2020年会長を務めております、田中 亮介と申します。三原青年会議所の皆様に於かれましては日頃より広島ブロック協議会の運動に多大なる御理解と御協力をいただきまして御礼申し上げます。

また勝村理事長を始めとされます理事役員の皆様、大変ご無理を言いまして三原青年会議所より若くて優秀なスタッフを多く出向させていただきまして、ありがとうございます。出向していただくメンバーに於きましては1年間広島ブロック協議会でしか出来ない経験を積んでいただきまして一回りも二回りも成長してLOMにお返しするという目的を持って取り組んでまいりますし私も精一杯のサポートをいたしたいと思います。

本日が広島ブロック協議会公式訪問としては5ヶ所目です。こうして回らせていただくのは初めての経験で、もちろん多くの学びもありますが改めて感じたのは三原青年会議所の素晴らしさということだと思います。40人弱ということで決して大きなLOMではないが、こうして全員仲良くて皆で高めあって大変素晴らしい組織だと思います。全員が一丸となって取り組んでいるおかげで県内いち早く6月からはオフラインで例会を開始することが出来ました。そして7月には100%例会、今月も1人の欠席者を除けば本当は100%例会で恐らくブロック協議会役員の皆さんも自分のLOMと比べて驚いていると思います。ぜひ三原青年会議所の皆様は自信に繋げて、これからも三原青年会議所の発展の為に活動していただけたらと思います。

新型コロナウイルスの動向につきましては一時期落ち着いていましたが7月位からまた心配な状況が続いております。大変残念な状況でございますが広島ブロック協議会として野球大会、ゴルフ大会をやむなく中止いたしました。またブロックアカデミーについても10月に延期しての実施を計画しております。また呉でのブロック大会に於きましても当初の予定とは全く違った方式での開催となろうかと思います。また先ほどの御話にもありましたが全国大会in札幌につきましてもWEBでの開催が決定となりました。これまで準備を進めてこられた皆様の気持ちを思いますと大変辛いことではありますが出来ることは、やっていくしかないと前向きに取り組んでいただきたいと思います。

新型コロナウイルスのことを言いますと5月に広島ブロック協議会は日本青年会議所と提携をして新型コロナウイルス感染拡大に関する提言を広島県知事宛に提出して参りました。こちらの内容といいますのが接触機会8割減から感染機会8割減ということが趣旨となろうかと思います。今までに無秩序に自粛をしておりましたが、それでは経済がもたないということでございます。確かに夜の店やカラオケなどリスクの高いことは避けて十分ソーシャルディスタンスを取れるのであれば積極的に掲載を回していこうという提言でございます。JCのメンバーは皆さん若い人ばかりでございますので十分手指をご理解の上、出来ることはやっていきましょう。疲弊した地域にとって私たちがやるべきことはたくさんあると思います。

それでは2020年広島ブロック協議会の運動について簡単に説明をさせていただきます。2020年広島ブロック協議会は組織改革を1丁目1番地に掲げて強力に推進して参ります。青年会議所は素晴らしい組織だと皆さん御存じだと思いますが近年大幅な会員の減少に悩まされております。最盛期は7万人弱のメンバーが全国で活動されていましたが今年は3万弱でのスタートとなりました。広島ブロック協議会といたしましても今年は580人でのスタートということで最盛期の半分以下ということになりました。このままでは一部の地域にしか存在し得ない組織になってしまうと私たちは大変な危機感を持っております。こういった状況を受けまして広島ブロック協議会のスローガンを「変革を加速せよ~時代に先駆けたJCが広島に新たな未来を創る」と定めました。私たちが変わらず、ここでまちづくりをしていく為には先ずは私たち自身が変わっていかなければならない。そして、この組織を改めていかなければならないと考えております。皆様は組織改革ショーケースという冊子は御覧になられたことはあるでしょうか?こちらにはJCI JAPAN WILLと言いまして3つの約束事が書かれています。1つ目は家族を大切にする組織。2つ目は会社の成長につながる組織。3つ目は社会を良くする組織というのが掲げられております。私は2013年入会ですが入会した当初は家族や仕事を犠牲にしてするのがJCだと教わったが今後その方法だと恐らく会員は減少していくばかりだと思います。皆さん一人ひとりが輝ける多様性を尊重しあえる組織に改革していく為の一歩にしていきたいと思いますし広島ブロック協議会役員も、その為に活動していきたいと思います。

結びとなりますが、このコロナ禍で今までのように膝を突き合わせて懇親会をするとか色んなことが出来ない大変不自由なJC活動ですが、こういった時期だからこそ今まで活動していたことが、どれだけ尊くて当たり前に集まれることが、どれだけ幸せだったかを再発見出来るような機会にしていきたいと思います。しばらくは大変な時期が続く子が予想されますが、この地域・社会にとって私たちJCは最後の希望になりうると確信をしております。一人ひとりが前向きに元気よく活動していきたいと思います。本日も最後まで、よろしく御願いいたします。

image005

 

 

 

 

 

 

 

 

例会行事

伝え上手に私はなる!~伝え方が9割~

講師:高橋 伊津美 氏(株式会社ウゴカス)

担当:組織力向上委員会

講師である高橋氏は東京在住ということもありオンライン講座でした。

image007

 

 

 

 

 

 

 

コミュニケーションは生きるために必要なスキルであり、接し方次第で相手の意思も変えることが出来る。主な内容としては自分に全く関心がない相手を振り向かせる可能性が上がる方法や「ノー」を「イエス」に変える方法などを学びました。伝え方は誰でも出来る。センスではなく技術!センスは生まれ持ったものですが技術は練習すれば習得できます。今回の例会では、その技術を短時間ではありますが習得させていただきました。

また、その技術を活かして、ブロックでの役職やJC歴に差を付けてのディスカッションもいくつか行いました。貴重な例会時間にお招きをいただきまして三原青年会議所の皆様に感謝申し上げます。また次回の公式訪問例会も記事にして参ります。