皆さんこんにちは!

総務広報委員会です!

大分県内の各地青年会議所では2021年度の理事長予定者が決定し、組閣についての発表が行われる等、次年度に向けた動きが本格化してきているところでございます。

大分ブロック協議会でも2021年度の会長予定者が決定いたしました。

公益社団法人別府青年会議所 2020年度理事長 中根 竜 君です!

中根 竜 君 杵築市出身 1981年8月11日生まれ

中根 竜 君
杵築市出身 1981年8月11日生まれ

 

中根会長予定者のご紹介につきましては、別府青年会議所の諫武副理事長の紹介文より抜粋させていただきます。

中根竜君は2013年度に別府青年会議所に入会して以降、多くの役職を経験してきました。

2015年度には「青少年為せば成る委員会」の委員長として、別府青年会議所の40周年記念事業である「レインボースクール2015in奄美大島」を華々しく実施し、2016年度には「地域国際委員会」の委員長として、地域の国際交流に尽力してくれました。

また2017年度には専務理事として別府青年会議所を力強く支え、2018年度、2019年度は副理事長として今までの経験を活かした指導力を発揮してくれました。

さらに入会以降、大分ブロック協議会にも出向を続けており、2018年度は「JCアカデミー委員会」の委員長、2019年度は監査担当役員と、会務役員として大分ブロック協議会に貢献して参りました。

今年度は別府青年会議所にて理事長を務めております。

(以上、諫武副理事長の紹介文より抜粋)

 

2021年度の会長を務めることへの意気込みとして中根予定者は「青年会議所は良い団体であると私自身実感しております。青年会議所は成長と更生を促す場です。色々なところで勉強させていただいたことを私なりに活かしていき、皆様に成長の機会を与えていけるような大分ブロック協議会にしていきたいと思います。青年会議所に対してあまり好意的でない意見を世間で聞くことがあるのですが、私自身感じていることは、青年会議所運動・活動に一生懸命取り組めば青年会議所の良さがわかるということです。“青年会議所に使われる人間”ではなく、“青年会議所を使う人間”になったとき、青年会議所という団体の本当の素晴らしさに気付くことができると思っています。このようなことを大分ブロック協議会の中で一人でも多くのメンバーに落とし込んでいきたいと考えています。2022年度に大分青年会議所は全国大会を誘致しておりますので、その前年度として県内8つの青年会議所が一つになるように、大分ブロック協議会をまとめていきたいと思います。これから先、皆様には色々と協力していただくことが多々あると思いますが、一生懸命取り組んでいきますのでどうぞよろしくお願いいたします。」との思いを語っていただきました。

 

残り3カ月近くとなりましたが、2021年度にバトンをしっかりと引き継ぐために、今年度の運動を充実したものにしていきたいと思いますので、引き続きどうぞよろしくお願いいたします!