軌跡を紡ぎ、奇跡を起こそう 持続可能な新たな佐賀を創ろう

新着情報

・「エボリューション佐賀★政策コンテスト

2020 IN鳥栖」

動画リンク

https://youtu.be/9EURciy7FcQ

 

佐賀ブロック協議会では

令和2年10月18日に、サンメッセ鳥栖で

「高校生による政策提言~

エボリューション佐賀★政策

コンテスト2020 IN鳥栖~」

を開催しました。

29FE4FDA-9A10-4BF7-B811-8BE9C1ABFB0E BDAEFE81-E8CA-496E-9B3F-BE7BBF3AF7F9

 

15チーム、53名の

高校生の皆さんから応募を頂き、

その中から一次審査を通過した

4チームによるプレゼンを行いました。

 

6777B59A-BB3C-49D2-9BC5-1FA6C3A48AE3 D9057C80-F85F-41F9-BB7A-30D080DC4DA2 913FAFEA-D34F-4690-AA5C-9AD203445A61 8AF792B3-EA0E-48BD-A2FC-0683E63C312F ECCC232D-2A57-4A4A-96EC-AA30FDEB62FA 4BA1D51A-35D7-4428-9A39-A553C368151B 07192C27-FEAE-4B81-87DB-3032A6A1AC94 7E48A193-3891-41B4-9D0E-34CB79B669B6

 

○弘学館高校

(牟田悠真さん・中村匡成さん・寺尾慈生さん)

「森林保全のための新しい税制の導入」

 

○東明館高校

(荒倉隼・喜内瞭さん・川原幸大さん)

「過疎地域の発展のための

農業体験とスポーツ・合宿施設整備」

 

○唐津東高校(松元美穂さん)

「佐賀を農業研究開発拠点に」

 

 

○弘学館高校

(松尾圭吾・丸田篤資さん・戸嶋康陽さん)

「ムツゴロウを珍味から主力食材に」

 

というテーマで発表され

4番目の弘学館チームが

最優秀政策に選ばれました。

本当におめでとうございます!

 

審査員として、

山下雄平様(参議院議員)

下田寛様(佐賀県議会議員)

進龍太郎 様(佐賀県政策部長)

樋渡光憲様(佐賀新聞社鳥栖支社長)

にご参加頂き、

それぞれの立場から講評もして頂きました

 

佐賀ブロック協議会では、

引き続き、

若者の政治参画意識の向上や

投票率アップのために、

様々な取り組みを行って参ります。

 9AB6835E-D985-4EB5-AEE1-8454BC73FD9A

 

佐賀ブロック協議会で、

募集・選考を行っておりました

SDGs推進キャラクター

表彰式・寄贈式が行われ、

こちらの作品が、

最優秀作品として、

選考されました。

イメージキャラZ

 

IMG_6591IMG_6585IMG_6586IMG_6595IMG_6601IMG_6604IMG_6605IMG_6606

多くの方々のご参画のおかげをもちまして、

佐賀県内におけるSDGsの浸透を推し進め、

佐賀県民の方々へのSDGsへの認知の向上を図ることができたと思います。

誠にありがとうございました。

 

・佐賀ブロック協議会で、

行っておりました

SDGsを推進するための

イメージキャラクター

デザインついての

選考投票は終了致しました。

たくさんのご投票ありがとうございました。

 

 

 

 

②【 作品 No.2 作成の意図 】

佐賀県の県鳥『カチガラス』の楽しく、元気なSDGsキャラクターです。

大きな瞳で世界を見つめ、持続可能な開発目標へ元気に力強く羽ばたきます。

ユニークで可愛く親しみやすく、多くの人々に長く愛されるデザインです。

 

 

 

㊺

 

【 作品 No.45 作成の意図】

なし

53

【 作品 No.53 作成の意図 】

SDGsの目標ロゴをキャラにうまく取り入れてみました。

前髪はグラフ、しっぽは海の魚と陸の葉っぱを表現し、

右目はすべてのものを平等にみようなどなどたくさんつめこんだり、

泣き泣きカットしたりなど色々工夫をこらしました。

73

【作品 No.73 作成の意図】

緑と子どもが好きな妖精です。

平和の象徴である風船を子どもにあげたり、

緑を育てる「ゾウのジョウロ」を持っています。

心優しいキャラクターをイメージしました。

 

 

74

【作品 No.74 作成の意図】

髪飾りはルドベキア、花言葉は公平・正義です。

愛することが、世界を救うことにつながると信じています。

世界中で舞い、人を愛し、自然を愛するキャラクターになってほしいと願いを込めました。

 

 

 

 

SDGsを推進するためのイメージキャラクターデザイン募集について
   (募集については、終了しております。)

 ※SDGsについては

こちらをご確認ください。

 

JAPAN SDGs

Action Platform

外務省 SDGsとは?

https://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/sdgs/about/index.html

持続可能な開発目標

 

公益社団法人

日本青年会議所は、

SDGsを推進しています!

sdgs

・令和2年7月豪雨に伴う署名活動

1596250338850

公益社団法人 日本青年会議所 九州地区協議会からのお願いです。

(2020年10月31日まで、バナー掲載しておりますのでよろしくお願いいたします。)

私たちの暮らす九州はここ数年、10年に一度と言われるような豪雨災害に毎年のように見舞われています。令和2年7月豪雨災害に至っては今までのような特定の場所で発生する豪雨災害ではなく、同時多発的に各所で発災致しました。

豪雨災害は、尊い人命、財産、そこで紡がれてきた歴史、思い出を一瞬で奪い去っていきます。豪雨災害に対して私たちが個人で、できることは限られています。それは、自分や家族の身を守ることしかできません。
川辺川ダムの建設計画の中止が原因であるなどの声もありますが、それはあくまでも結果論です。それよりも各地において、これから先の世代が安心して暮らすことのできる九州を創り上げていくことが大切だと考えます。
この署名を通して、国土交通省 九州地方整備局を筆頭に、地方自治体の垣根を超えた治水対策の強化を九州に暮らす皆の声として届けたいと思います。一級河川だけが整備されていても、支流などの地方自治体が管轄している河川が整備されなければ、豪雨災害は場所を変えて発災するだけです。九州を一つに捉え全体の河川で治水対策の強化・管理がされれば、今よりも豪雨災害は減るのではないでしょうか。

すぐに効果が出るものではないと思いますが⻑期的な視点で、九州で暮らす次世代の方たちが安心して暮らすことのできる地域になればと思っています。また、豪雨災害は九州だけの問題ではありません。この署名を通して、九州がモデルケースとなり全国各地へも影響を及ぼすことができるのではないかと思います。

今回の令和2年7月豪雨災害に被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。また、復旧作業に携わられている皆様の安全と1日でも早い復興を心よりお祈り致します。

 皆様のご協力・ご支援を宜しくお願い致します

公益社団法人 日本青年会議所 九州地区協議会

・6月24日(水)10時より、

佐賀県庁記者会見室に

おきまして、佐賀ブロック協議会と

佐賀災害支援プラットフォームの

「災害発生時における連携・

協力に関する協定調印式」

を開催致しました。

 

IMG_0490

IMG_0491

IMG_0486 (1)

IMG_0493

IMG_0498IMG_0487IMG_0485

 

 

 

 

 

 

IMG_0497

IMG_0506

 

この日までご協力して頂きました、理事長の皆様、ブロック役員や委員会メンバーの皆様には、

心より御礼申し上げます。

県内各LOMには総勢約240名の会員の皆さんが在籍され、

各地で地域に根差した活動をされ、

地域のことを熟知されておりますので、

災害発生時には迅速な情報収集・提供をお願い申し上げます。

また、会員の皆さんの中には、災害時に必要な支援物資を取り扱われている方、

がれきの搬出や物資の運送をできる方など、

他にも被災地を支援できる方がたくさんいらっしゃいますので、

災害発生の際には是非ご協力をお願い申し上げます。

また、コロナウイルス感染拡大防止のために、

災害ボランティアの受け入れを県内や地域内に限定せざるをえない状況も予想され、

地域に根差した活動をされてきた各LOMや佐賀ブロック協議会の担う役割はとても大きく、

「自分たちの地域を自分たちで守る」という強い決意を持って災害発生に対応して参ります。

今後共どうぞ宜しくお願い申し上げます。

佐賀災害支援プラットフォームHP
https://sagasp-cen.com/2019/01/1531/?amp=1

・ミライフ

(公益社団法人 日本青年会議所 人口政策推進会HP)

banner_A

 

ミライフとは
より多くの皆さんが幸せに生活できるよう、理想のライフデザインについて共に考えサポートしていきたい。そんな想いから生まれたプロジェクトです。その中でも出産・子育てに関する正しい情報の発信と子育てに関する経済的な観点からみた費用負担の緩和及び男性の育児参加と女性が活躍しやすい社会の推進をしてまいります。また支援ツールとしてチャットボットを活用し、利用者の環境、考えに沿った的確な情報をお伝えいたします。
 公益社団法人 日本青年会議所 人口政策推進会議

佐賀ブロック協議会


公益社団法人 日本青年会議所
佐賀ブロック協議会
2020年度 会長  江崎 正徳 君
(一般社団法人 佐賀青年会議所)

SDGs推進キャラクター募集

アクセスカウンター

  • 5981総閲覧数:
  • 24今日の閲覧数:
  • 4540合計アクセス数:
  • 20今日のアクセス数:
  • 17昨日のアクセス数:
  • 390月別アクセス数:
PAGETOP
Copyright © 佐賀ブロック協議会 All Rights Reserved.