【LOM紹介】
一般社団法人伊賀青年会議所は1958年の発足以来、地域から「明るい豊かな社会」を創造するために長きにわたり運動を展開してきました。本年度は米森弘晃理事長を先頭に9名のメンバーが「不易流行~物事の本質を見極めよう~」のスローガンのもと、これまでの歴史を大切すること、そしてこれからの時代を切り開くために自らを変革することを念頭に置きながら活動を展開しています。

【活動地域の魅力】
私たちの伊賀市は伊賀流忍者発祥の地、俳聖松尾芭蕉生誕の地として知られていますが、奈良県、滋賀県、京都府とも隣接し、長い歴史の中で様々な文化を育んできました。中でも城下町の武家屋敷、神社、寺院をはじめ有形文化財の数が県内29市町中で最も多いのが伊賀市です。
最近では私たちのまちのシンボルとも言える「伊賀鉄道上野市駅舎」をはじめ大正時代から伊賀地域の産業と発展を支えてきた「鉄道遺産」4件が国の登録有形文化財に認められることになりました。忍者電車を降りて、街並みを歩いて歴史にふれあったり、伊賀牛・伊賀米・伊賀酒・和菓子など豊かな食文化に気軽にふれあって欲しいと思います。

伊賀JC1

【今後の案内】
新型コロナウイルス感染症の影響で、当初に比べで活動の見直しが余儀なくされていることは否めませんが、これまでの活動を見直す好機ととらえ、前向きに「今だからできること」をメンバーで検討してきました。
先日は伊賀市役所や商業施設の協力のもと「ご不要マスク回収箱」を設置させていただき、2246枚のマスクを回収しました。今後は伊賀市教育委員会を通じて子どもたちのために活用いただくことになりました。さらには、11月には任期満了を迎える伊賀市長選挙に合わせて公開討論会の実施を計画しています。新型コロナウイルスの影響も見極めながら、市民の皆様とともに伊賀市の未来を考えられるようふさわしい手法での開催を検討しています。「伊賀にJCがあって良かった」と市民の皆様に頼りにされる活動を通じて、伊賀JCの輪を広げていきたいと考えています。

伊賀JC2

一般社団法人伊賀青年会議所ホームページ http://www.iga-jc.net/