新たな価値の創造 共に輝くふくいの未来へ

地域総合戦略

  • HOME »
  • 地域総合戦略

北陸信越地区

福井ブロック協議会

地域総合戦略

公益社団法人 日本青年会議所

北陸信越地区 福井ブロック協議会

2021年度 会長 見谷 頼貞

現状分析

福井県は、2023年の北陸新幹線の敦賀までの延伸や中部縦貫道の開通などインフラ整備が進み、相互間の行き来が増え経済的にも、文化的にも交流促進が期待される地域であります。また、幸福度ランキングで1位として魅力的な地域でもあります。しかし、その魅力や価値が存在的にあるのにもかかわらず、価値に気づかず発信力が低い状況であります。また、人口は、年々減少し、現在過去40年で最も少ない人口となっており人口減少に歯止めが利かない状況となっております。また、福井県民は義務教育課程の学力が高いことを知っているが、エビデンスに基づいて理由を答えられる人は少ない現状があります。また、会員数は減少しており、会員拡大に成功しているLOMが多いとは言えません。そして会員減少から新入会員にJC運動の意義や目的を伝える機会を創出する事も難しくなっています。近年では想定を超える規模の災害や複数の災害が同時に起こることが増えており、また、新型コロナウイルス発症等、現状の規定などでは対応できない状況であります

連携概要

■次世代に対する教育の質的転換を推進する事業

幸福度日本一である福井県の理由の一つは小中学生の学力・体力が全国的に見ても高い地域でありますが、教育水準が高いことに確信を感じていない県民が多い現状があります。小中学生の学力・体力が全国的に見て高い理由を明らかにすることで、それらを県の魅力として認識してもらうシンポジウムを開催します。高水準の教育が県の魅力であることが認識されることでさらに教育への関心が高まり、自他ともに認める地域の宝へと昇華し、教育を目的とした他県からの移住を増やします。

■継続的な会員拡大を実現させる事業の実施

会員減少に歯止めがかかっていない現状を改善するために、各LOMの実情把握及び問題点の洗い出しなど継続的に会員拡大に取り組めるよう、総合的に支援します。拡大担当者との関係を深めた後ヒアリングにて各LOMの問題点を洗い出すサポートをすることで、会員拡大の問題点が明らかになり対策を講じ、協議会内メンバー純増3%を実現します。

■公開討論会の実施

政治に興味がなく、特に若い世代の投票率が低い現状を改善するため、衆議院議員選挙への立候補者を集め、政策や公約に関する公開討論会を実施し、若い世代にとって理解しやすい内容で政策や公約が実現されるとどうなるかを発信します。市民に候補者の政策や公約を知っていただくことにより主権者意識を持ってもらいます。

■災害ネットワークの構築の実施

新型コロナウイルス感染症の拡大により、今までの災害対策マニュアルでは想定できない事態が発生しているため、理事長懇談会にて各LOMの状況を調査し、疫病が発生しているなど特殊な場合もそうていした災害協定の策定し、有事の際に即座に対応できる体制を整えます。

ブロック独自事業

■福井ブロック協議会新入会員オリエンテーション事業の実施

JC運動の基本理念や意義・目的を学ぶために、福井ブロック協議会内10LOMの入会3年未満の未受講会員向けに、日本JC公認プログラムなどを使いながら、JC運動の意義・目的を共有し、LOM同士の連携強化を図ります。

■福井ブロック大会の実施事業の実施

福井県内のLOMとして、また市として盛り上げるために、敦賀市の文化や産業を活かした地域の発信を福井ブロック協議会メンバー向けに福井ブロック大会を通じて行います。同時に北陸信越地区協議会やJCI日本としての運動発信の場ともします。

■ブロック全体会議の実施事業の実施

福井ブロック協議会並びに10LOMの連携強化のため、福井ブロック協議会内10LOMの実施事業に関する情報共有をするとともに、福井ブロック協議会新旧役員の引継ぎの場とします。また、福井ブロック協議会内10LOMの卒業生の卒業を送り出す場とします。

 

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
PAGETOP
Copyright © 福井ブロック協議会 All Rights Reserved.