謹んで新春の祝詞を申し上げます。
昨年はコロナ禍にもかかわらず和歌山ブロック協議会の運動に対しまして多大なるご理解ご協力をいただき、誠にありがとうございます。
本年に入っても依然として未知のウイルスである新型コロナウイルスが猛威を振るい、人間の尊厳や生活が脅かされております。
我々が住まう和歌山県においても昨今のコロナ禍により、観光業の衰退とともに、同じく基幹産業である一次産業も落ち込んでいる状況であり、危機的状況であると言えます。
さらに、新型コロナウイルス蔓延の収束も見当がつかず、今後も経済の復活の兆しは見当たらない先行きが見えない時代が到来しています。しかし、そのような時代だからこそ我々は青年会議所という向上心の高い青年経済人が多く在籍している組織としての価値を最大限に活かし、この国難に立ち向かっていかなければならないと、改めて想いを強くする所であります。
我々は20歳から40歳までの青年経済人であり、責任世代である意識を強く持たなければならないと強く感じるとともに、今まで常識とされていたものがこれからの時代は通用しないことも多々出てくることも考えられ、今まで以上の使命感と責任感を持つべきであると考えます。メンバーの皆様におかれましては柔軟な発想と行動力で自らリーダーシップを発揮していくという責任感と気概をもって1年間自身の経済活動も含め様々な事に果敢に挑戦していただきたく考えておりますし、また新しい時代を創っていける責任世代であるということをむしろ喜びに変え前向きに捉えていただき、1年間何卒積極的なご参画、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。
結びとなりますが、和歌山県下全ての地域の皆様方におかれましても、引き続き本年度も何卒、温かいご指導、ご協力を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

2021年1月1日
公益社団法人日本青年会議所 近畿地区 和歌山ブロック協議会
2021年度 会長 佐々木 秀平