パソナ東北創生_210818_0

社名
株式会社パソナ東北創生

業種
人財開発研修ツーリズム事業、事業開発支援事業、人材マッチング事業

社歴
2015年4月設立

社風
パソナグループの社内ネットワークやリソースが使えるが、社内ベンチャーなので人が少ない分風通しが良い会社であり、大企業とベンチャー企業の良いところをあわせた会社です。

対応して頂いた職員
戸塚絵梨子社長

・事業内容
地域内外の人材のマッチング
大学生のインターシップ
オンラインでの副業

・会社の良い点
社風参照

・会社の悪い点(改善点)
経営経験が少なく守り(コンプライアンス等)の知識が少なかった為その都度勉強しながら対応しております。

・一番の売り
既存のモノにとらわれない視点を常に持ち、新しく作っていこうという気概を社員全員が持っております。

 

・今後の目標
冒頭でオンラインでの副業とありましたが、BtoBのみを行なっていた企業がBtoCを始める際、企画設計、SNSでの広告などのノウハウを起業経験者がオンライン上で教えてくれるというような、従来のコンサルティングのようなサービスを提供しています。

https://furusatokengyo.jp/project/tohoku/iwate/p4269/

・社名の由来
復興支援の対象ではなく東北がプレイヤーになるために

・新入社員に求めること
プロジェクトごとに個々でスケジュールを組み、事業を進めて行きますので、自ら考え行動するチカラが必須です。

・就業時間(労働時間・年間休日・平均残業時間等)
定時は9:00-17:30で土日祝日が休みとなっておりますが、
ジョブカフェ釜石では土日祝日が営業になりますのでシフト制になっております。

・仕事上の魅力
新しいことに挑戦ができ、やりたいこと・作りたいものを具現化できる

・仕事上の辛いところ
個々が持っているノウハウ・リソースなどだけでは対応できない状況があること

パソナ東北創生_210818_2

【若手社員 アンケート回答】

氏名
林 光人

担当業務内容
・新規事業開発
・地域企業の人材採用、活用のサポート

社歴・2016年 入社〜現在に至る

会社の良い点
・社員の社会課題に対する意識が高く、会社の事業が自己実現と直結している点。また小さな組織のため、自分たちだけでは解決できない問題に地域や都会の企業を巻き込みながらアプローチできる環境がある点。
・働き方がフレキシブルで各自の裁量が大きく、メンバー同士で互いのパーソナリティ、経験、考え方などのダイバーシティを尊重している

会社の悪い点
・自由は責任を伴うという考え方が強く、プロフェッショナルとして各自の行動に相応の責任が求められる。
・仕事とプライベートの線引きがほとんどなく、ワークライフバランスが大切だと考える人には不向きな環境。
※正直なところ、良い点も悪い点も、その人の考え方によるところが大きいので、参考程度でお願いします。。。

業務内容(1日の流れ)※毎日全く違いますが今日の一例です※
8:00 事務作業
9:00 学生の履歴書添削(ZOOM)
10:00 社内定例MTG(ZOOM)
12:00 ランチミーティング(対面)
13:00 研修会参加(ZOOM)
15:00 新規事業の打ち合わせ(対面)
16:30 事業者との採用に関する打ち合わせ(ZOOM)
17:30 社内MTG
18:30 事務作業

仕事をしてきて感動したこと
・自分と異なる価値観、バックボーンの人と一緒に仕事をするときに、自分の世界の見方が少しづつ変化するときに感動します。

仕事をしてきて辛かったこと
・寝不足など以外だと、そこまで辛いことはあまりないですが、日々の仕事の中で自分で判断して動く必要があるため、責任の重さを感じるタイミングが多くあり、プレッシャーに感じることがあります。

就職する上で大事なこと(心構えなど)
・周りからのアドバイスを鵜呑みにしないことが大切だと思います。事実とその人の意見を分けて、自分で判断できれば、自分に合った生き方に近づくと思います。

会社の雰囲気
・非常にリベラルで、フラットな風通しのいい雰囲気の職場です。

休日の過ごし方
・あまり休日という認識はありませんが、美術館に行ったり、本を読んだりして過ごしています。

パソナ東北創生_210818_1