IF YOU WANT WE CAN BE LEADERS~明日を担う意志~

会長所信

  • HOME »
  • 会長所信

八重樫利久 会長
公益社団法人 日本青年会議所 岩手ブロック協議会
2021年度 会長 八重樫利久
(公益社団法人 北上青年会議所)

【はじめに】

私たちの故郷には古くから地域の中で助け合いながら、目に見えないものや人との繋がりを大切にする精神性が受け継がれています。しかし、人口減少や社会構造の変化に伴い、地域コミュニティの機能低下や担い手の不足が懸念され、繋がりの輪が縮小傾向 に進んでいることも事実です。さらには、東日本大震災をはじめ 多発する自然災害、新型コロナウイルスの感染影響など、私たちの生活や経済に大きな打撃を与える出来事が毎年のように発生する中で、 目に見えないものを大切にする精神性 が強く求められています。今後は、物質的な豊かさに加え、経済的な尺 度では計ることが出来ない心の豊かさを追求し 我々JAYCEE 一人ひとりの繋がりの中に新たな価値を見出し、持続可能な社会の実現に向けたまちづくりを進めていく必要があります。岩手の明日を創造するために、地域の明日を担う覚悟を持った会員会議所と共に、目に見えないものを大切にする精神を基軸とした人の心を豊かにする運動を推進してまいります。

【主導的リーダーを目指して】

現代社会において人口の減少に関連付けられる様々な問題は、避けて通れない現実であります。青年会議所として現状を把握し未来を鑑みる時、想定される未来をただ 嘆き見過ごすのではなく、自らの考えや行動で少しでも良い未来を創造していくことが求められます。青年会議所は、毎年変わる組織の中でより多くのメンバーに、リーダーとしての経験を積む機会を提供します。しかし、機会の提供を当たり前と捉えるか、CHANCEと捉えるかで成長への大きな差が生まれ、リーダーとしての資質に変化が出ます。青年会議所に入会することで得られる機会はCHANCEであり、これまで、青年会議所が地域に対して多くのリーダーを輩出してきたことは、現状を当り前と捉えずCHANCEと捉え活動し、リーダーとしての 能力を高めてきたことにあります。私たちが、これからの未来を創造していく上で大切なことは、 家族の時間、仕事の時間、仲間の時間と自分に関わる人の時間を頂いて活動し限られた時間の中で青年会議所活動をしている感覚を持つことです。 その上で、少しでも現状を変化させる気概を持ち、主導的に現状を把握し人を巻き込み、行動する能力を高め自己の成長を図って参りましょう。 青年会議所での活動は長い人生の中の数パーセントに過ぎません。しかしこの数パーセントの活動が残る人生に大きな影響を与えるものと考えています。岩手ブロック協議会として 、会員会議所への思いを寄せ、時間的感覚と当たり前のことは何もないと捉える謙虚さを持ち、会員会議所への人材育成を推進して参ります。

【人と人との繋がりが、岩手を一つにする】

50年と言う長きに渡り多くの先輩諸氏が紡いで来られた岩手ブロック協議会は、2020年度で設立50周年を迎えました。会員会議所からの出向者で構成され、「岩手は 一 つ」の合言葉を基に、日本青年会議所から会員会議所への支援として有益な情報発信や情報共有等、岩手ブロック協議会は、スケールメリットを活かした人材育成の推奨や出向者の成長、ご輩出頂いたLOMへの出向益を考え運動を推進しています。その中で私は、会員会議所の繋がりを表す「岩手は 一 つ」の合言葉を「絆」と捉えています。絆とは、自己の中心に他者を位置づけることで、目に見えない心と心の繋がりが深まり人と人との結びつきを表し、家族や仲間を始め身近なものや遠いもの、離れるほどに繋がりを感じて結びつきが強くなることです。2021年度の岩手ブロック協議会として、会員会議所との繋がりを深め運動を推進するためには、「 岩手は 一 つ」の合言葉を「絆」と捉え、会員会議所との連携を図り「まちづくりはひとづくり」と考えるべきです。「まちづくりはひとづくり」であることは、多くの先輩諸氏から受け継いできた言葉であり、青年会議所運動の根幹であります。まちづくりを通じて心豊かな生活を送るためには、心豊かな人材を育成していかなくては、まちづくりは成り立ちません。心豊かな人を増やしていく活動からまちづくりは始まり、その循環や連鎖が「まちづくりはひとづくり」であると考えます。岩手ブロック協議会としての「まちづくり」は、岩手ブロック協議会 が人を教 育するということではなく、専門家の知識を頂き自己の中心に他者を位置づけ より良い未来を創造する中で、「ひとづくり」に重要な意識変化を、役員を含め出向者に促し 心と心の繋がった 人の繋がりを創り成長を図って参ります。岩手ブロック協議会として 会員会議所に寄り添い目に見えない大切な絆をさらに強固にし、必要とされる運動を推進して参ります。

【結びに】

子どもたちの未来は、私たち大人一人ひとりの感覚や意識で左右されるものであり、善悪の判断や進む方向性、物事の捉え方や考え方は、私たち大人の伝え方や進め方によって左右されます。 岩手の未来を見据え行動する私たちJAYCEEは、伝える責任と進める覚悟を持ち人と人との関わりを深める必要があります。その中で、地域は人の集合体であり地域の未来を考えることは、人の未来を考えることであり、そして、その根幹は子どもたちの未来を考えることであります。私たちが、これからの岩手を見据え子どもたちの未来を思い生きて行くことは、 物質的な豊かさに加え、経済的な尺度では測ることが出来ない心の豊かさを、私たち、JAYCEE一人ひとりが意識することであり、過去や現在の 生活の中にある、「なぜ」・「なんのために」・「 どの様に」など、物事の経緯や本質に込められる思いを知ることです。親から子へ繋がれる思いの上に現在の私たちの生活があります。大人、子の親として 心豊かな子どもたちの未来を望むのならば、 人生に於いて“どうなりたいか”“どう人と関わるか”の意志を持つ覚悟こそが、 主導的リーダーとして 明日を担う意志であり、 岩手は一つの絆を合言葉に 子どもたちの未来を思い創造して参りましょう。

IF
YOU WANT
~WE
CAN BE LEADERS 明日を担う意志~
岩手は一つ、俺たちは、まちのリーダーだ‼

PAGETOP
Copyright © 岩手ブロック協議会 All Rights Reserved.