1966年(昭和41年)11月、国際青年会議所の世界大会(JCI世界会議)が日本で2番目の地として京都で開催されました。
その翌年の1967年(昭和42年)1月20日~22日、社団法人日本青年会議所通常総会が京都にて開催されました。以来、『京都会議』と呼ばれるようになりました。

サマコン(サマーコンファレンス)とは、公益社団法人日本青年会議所の運動を広く発信するために、各界を代表する著名な有識者をお招きし、政治・経済・社会など様々なジャンルのフォーラム・セミナーを開催する場です。

1966年(昭和41年)11月、国際青年会議所の世界大会(JCI世界会議)が日本で2番目の地として京都で開催されました。
その翌年の1967年(昭和42年)1月20日~22日、社団法人日本青年会議所通常総会が京都にて開催されました。以来、『京都会議』と呼ばれるようになりました。

サマコン(サマーコンファレンス)とは、公益社団法人日本青年会議所の運動を広く発信するために、各界を代表する著名な有識者をお招きし、政治・経済・社会など様々なジャンルのフォーラム・セミナーを開催する場です。

2312271629
2312271626
2312271629

第4回役員会議

2024.04.28
2024.05.01
blank
blank
blank
blank

4月24日、小林市で開催された2024年度第4回役員会議の様子をご報告いたします。
この会議は地域の未来を切り拓くための大切な一歩であり、多くのオブザーバーの参加もあり、会議室は活気に満ちていました。
地域のリーダーたちが一堂に会し、熱心に議論を交わす姿を見ることができ、地域の発展に向けた前向きな気運を感じました。

また、日本本会からの青少年国際交流事業のキャラバンが行われ、地域の若者たちが新たな視野を得る機会となること、将来に向けて希望と夢が広がることを予感させられました。

会議では、地域社会の課題や会員の福祉に関する重要な議案が審議され、様々な意見が交わされました。
議案のブラッシュアップに向けての熱心な議論の中で、参加者一人ひとりが地域の未来に対する責任を感じ、自らの声を積極的に発信していました。

特に注目すべきは、本年初の副会長による上程説明が行われたことです。
役員一同が熱心に議論を交わし、新たな方向性を模索する中で、議長委員長も固唾を飲んで見守る場面がありました。
このような熱い議論を通じて、地域の未来に向けた具体的なアクションプランが生まれることに期待が高まります。

次回の会議でも、このような活気ある議論が続くことを願っています。地域の未来を切り拓くために、皆で力を合わせて頑張りましょう!

九州地区協議会 新着情報

S__7872537_0
S__7872527_0
会頭公式訪問
LINE_ALBUM_58 県庁 記者会見_240508_2
S__7823459
山門JC5月公開例会チラシ
218070_0
ブロック大会 チラシ
LINE_ALBUM_430 副主管締結_240504_2
LINE_ALBUM_430(火)会員会議所会議in諫早_240504_12