事業名称

城下町プロジェクト のべおかキャッスルハッスル2019

申請LOM

一般社団法人 延岡青年会議所

事業に至る背景

郷土の魅力を活かしたまちづくりの一環として、郷土の重要な観光資源の城山を活用し、延岡の歴史旧跡に触れる事業を開催する事で将来的の延岡城下町ブランドを確立し、メンバー及び市民のまちづくり参画意識を高めるため郷土の歴史や伝統文化を学び考える必要があると思い本事業の実施に至りました。

事業の目的

延岡で市民に広く親しまれるメディア企業であるケーブルメディアワイワイ様と合同で開催することで延岡の城山を活用した事業を多くの市民に発信し、地域社会を巻き込み開催することで、市民が郷土への愛着と誇り持ち郷土愛の醸成を図る事を目的とします。また、メンバー一人ひとりが、この事業を通じて延岡城の歴史や魅力を再認識してもらう事で、今後行われるまちづくり運動への参画意識を高める事を目的とします。

事業概要

地元の企業であるケーブルメディアワイワイ様と合同で開催
延岡城跡にて子どもたちを40名ずつに3組(A班、B班、C班)に分かれて以下のように実施
A班:延岡城案内
【タブレットで延岡城アプリ復元VRを利用しながら散策】
B班:段ボール甲冑作製
【組み立て&色付け】
C班:気球・体験ブース
【上空から現在と昔の城山の違いを観察】
【体験ブース】
熊本武将隊との交流
火縄銃の説明や重さ体験・甲冑無料着付け体験
ゴム鉄砲作り、ゴム鉄砲射撃体験
鉄砲隊や武将隊との交流や撮影会

各班は各内容を順繰りに交替しながら体験していく。

火縄銃演武(武将口上、鉄砲の説明をしながら発砲)
熊本城おもてなし武将隊演武
チャンバラ合戦(子どもたち対青年会議所メンバー)

結果・影響(LOM、社会)

城山での事業を地元企業と合同で開催し、多くの参加者を集うことができ、
延岡の歴史旧跡を学び触れてもらい郷土愛の醸成を図る事が出来た。

協力団体

【共催】
(株)ケーブルメディアワイワイ
【協力】
(株)エン
豊後大友宗麟鉄砲隊
熊本城おもてなし武将隊
延岡ガイドボランティア
【後援】
延岡市都市計画課
延岡市教育委員会
(株)夕刊デイリー新聞社

事業風景城下町プロジェクト のべおかキャッスルハッスル2019-1