2021年6月5日に、オンラインでSDGs推進員会のメイン事業である【SDGsカードゲーム『X(クロス)」~10年後の未来を想って~】を開催いたしました。

 

・。・斐メ繝ゥ繧キ譛€邨・024_1

 

当初は、周南青年会議所のSDGs事業と周南市の会場にて同時開催の予定でしたが、新型コロナウイルスの山口県内での感染拡大により、オンラインでの開催となりました。

 

事業内容としては、山口JICAデスクの小川真奈先生を講師としてお招きしSDGsカードゲーム「X(クロス)」を行っていただきました。

 

小川先生

 

 

カードゲームでは、まず前半でSDGsを推進していくうえで起こりうる弊害(トレードオフ)を、自分に与えられた資源(リソースカード)を使い解決案を出し合い、後半では自分たちの身の回りのトレードオフとリソースを考え、オリジナルゲームを作り、解決策を考えました。

 

グループに分かれての話し合い

 

事業後、清木ブロック会長が「今回の事業はSDGsの17個の目標を知ってもらうだけでなく、18個目の目標(地域に合ったそれぞれの解決目標)を考えてもらう事業でした」と仰っていた通り、なかなか発展的な内容も含んでおり、初めてSDGsを知った参加者の方には少し難しかったかもしれませんが、ブレイクアウトルームに分かれての話し合いでは、SDGs推進委員会のメンバーの方々が上手に参加者の方々から意見を引き出し、充実した話し合いが行われていたように思えました。

ご参加していただいた皆様、誠にありがとうございました。

 

委員長挨拶をする京瀧委員長

 

この1週間、毎日リハーサルを繰り返し準備をされていた京瀧委員長を始めといたします、SDGs推進委員会の皆様お疲れさまでした。