9月4日(土)に開催予定の「第49回神奈川ブロック大会 津久井大会」に向けて、神奈川県の黒岩祐治知事及び相模原市の本村賢太郎市長よりご挨拶をいただきました。

【神奈川県 黒岩 祐治 知事】
黒岩知事①公益社団法人日本青年会議所関東地区神奈川ブロック協議会「第49回神奈川ブロック大会津久井大会」の開催を、心からお祝い申し上げます。

貴協議会は、「21の地域が共創する、新時代の希望となる神奈川の創造」の実現に向け、県内各地で社会貢献、地域経済の活性化に取り組まれています。歴代の会長や役員の方々、そして会員の皆様の長年にわたるご尽力に対し、深く敬意を表します。

日本そして世界は、新型コロナウイルス感染症との闘いの最中にあります。

新型コロナウイルス感染拡大による県内経済への影響は非常に大きく、多くの中小企業が売上減少に見舞われ、生き残りをかけた懸命な努力を続けています。

貴協議会におかれましては、引き続き地域社会・地域経済の発展にご尽力いただきますとともに、ウィズコロナ、アフターコロナの時代を神奈川から切り拓(ひら)いていけるよう、県政の推進にご理解とお力添えを賜りますようお願い申し上げます。

結びに、貴協議会のさらなるご発展と、会員の皆様のますますのご健勝、ご活躍を心からお祈り申し上げ、お祝いの言葉といたします。

 

【相模原市 本村 賢太郎 市長】
本村市長 ネクタイあり第49回神奈川ブロック大会津久井大会の御開催を心よりお祝い申し上げます。準備を重ねて来られた坂倉会長をはじめ会員皆様の御尽力に深く敬意を表する次第でございます。

相模原市は、首都圏にあって都市機能が集積し交通利便性に恵まれた都市でありながら、津久井地域をはじめとする心癒される自然を併せ持つ「都市と自然のベストミックス」を実感できるまちです。コロナ禍でアウトドアレジャーやマイクロツーリズムの需要が高まる中、気軽にハイキングを楽しめる山々や、水源として恵みの水をたたえる湖、多くの個性豊かなキャンプ場などを擁する津久井地域は高い注目を集めております。

本市では、こうした魅力を効果的に発信することで、広く皆様に相模原ファンになっていただこうと「さがみはら みんなのシビックプライド条例」を本年4月に施行しました。皆様には、この機会に本市の良さを体感していただけることを期待しております。

結びになりますが、令和元年東日本台風において甚大な被害を受けた本市の復旧に当たり、津久井JC、相模原JCの皆様がいち早く手を差し伸べてくださったことに心から御礼申し上げるとともに、今後の貴協議会の益々のご発展と、会員皆様のご健勝を心より祈念いたしまして、お祝いのことばといたします。

 

第49回神奈川ブロック大会 津久井大会 関連ページ

神奈川ブロック大会の関連動画を公開いたしました。