右のお皿には、りんごが7個あります。
 左のお皿には、りんごが3個あります。

 どちらか好きなほうを
 どうぞ持っていってください。

 合理的に考えて
 答えをだそうと思うなら、
「人はりんご7個のお皿を選ぶ」
 と、考えるんだと思います。

 ただ、世の中には、
 りんご3個のお皿を選ぶ人だって
 間違いなくいると思います。
 だれがなんと言おうと
 りんご3個のお皿がほしいと
 思う人はたしかにいます。

「人はりんご7個のお皿を選ぶ」
 と、合理的に考えられる答えは、
 A.I.(人工知能)のほうが人間より
 はるかに優秀な答えを早く正確に
 教えてくれるようになるでしょう。

 ですから、きっと、
 ”りんご7個のお皿を選ぶ人たち”を対象にしたビジネスは、
 ロボットがやってくれるようになると思います。

 つまり、
 ”リンゴ3個のお皿を選ぶ人たち”を対象にしたビジネスが
 機械に代替不可能な分野になるのかな、と。

 合理的に考えると、
 あたたかい服がほしいなら
 安くて機能的なヒートテックを
 着ればいいと教えてくれます。

 でも、保温性は多少下がっても
 わたしは丈の短いほうがいいのとか、
 みんなと同じデザインはイヤなので
 色を赤にしてフリフリをつけてとか、
 他人から見れば理解できなくても
 ”どうしてもこれがいい”というのが
 人間にはいくつもありますよね。

 おしゃれという概念は、
 非効率で無駄そのものだけど、
 その非効率と無駄こそが
 今日まで文化を育んできました。

 なくてもかまわない。
 でも、心からあってほしいと願う。

 そういうものが、
 機械に代替不可能な仕事に
 なっていくんだろうな。

 今日も、「東京ブロック協議会」にきてくださってありがとうございます。

 これからの時代は、
 じぶんの好きを仕事にしなさいと
 よく言ったりするけれど、
 その本質もまさにここかな。