山形ブロック協議会 2021年度公式HP

ブロック大会運営委員会

山形ブロック協議会 ブロック大会運営委員会 事業計画

2021年度 委員長 荒生 卓真

人口減少や地域経済の衰退など多くの課題を抱えているやまがたは、新型コロナウイルス感染症の影響による新生活様式への移行や多様化した価値観の違いに戸惑いながらも、豊富な地域の魅力を活かした地域再興を目指しています。夢と笑顔溢れる「やまがた」の実現に向け運動を展開する私たちは、多様性を認め合い、協働から生みいだす活力を原動力に、県民一人ひとりの意識変革につなげ、持続可能な社会に発展させる必要があります。
まずは、一人ひとりが地域のために行動する活気あるやまがたを創造するために、天童の豊富な魅力とともに私たちの運動を広く発信する山形ブロック大会天童大会を開催し、参加者の地域の抱える課題解決へ行動する意識を育みます。そして、如何なる困難でも本質を損なわない運動展開をするために、協働で新たな形のブロック大会を構築し、主管LOMと共に成長します。さらに、大会の魅力を伝え多くのメンバーの参加を促進するために、主管LOMと主催の関係性を密にし、協働で各LOMへ情報伝達する体制を構築します。また、参加者に対しまちづくりへの参画意識を醸成するために、魅力発信事業とメインフォーラム及び各種セミナーを展開し、JC運動の魅力と可能性を伝え率先して行動する同志を拡大します。そして、持続可能で魅力ある地域を創造するために、グローバルな視点を取り入れた事業を行い、開催地域の魅力ある資源を世界へ広く発信し、地域益の最大化を図ります。さらに、次世代へつなげ発展が続くやまがたを創造するために、次回開催候補地の調査と開催地決定を行い、最大の運動発信の場を次年度以降へ紡いでいきます。
地域をけん引するリーダーとなり、開催地域の発展と地域課題解決に向けて協働し行動する私たちの姿は、地域に活気を生む原動力としてやまがた全体に伝播され、大きな運動体となって持続可能な社会の発展につながり、夢と笑顔溢れる「やまがた」を実現します。

PAGETOP
Copyright © 山形ブロック協議会 All Rights Reserved.