1966年(昭和41年)11月、国際青年会議所の世界大会(JCI世界会議)が日本で2番目の地として京都で開催されました。
その翌年の1967年(昭和42年)1月20日~22日、社団法人日本青年会議所通常総会が京都にて開催されました。以来、『京都会議』と呼ばれるようになりました。

サマコン(サマーコンファレンス)とは、公益社団法人日本青年会議所の運動を広く発信するために、各界を代表する著名な有識者をお招きし、政治・経済・社会など様々なジャンルのフォーラム・セミナーを開催する場です。

1966年(昭和41年)11月、国際青年会議所の世界大会(JCI世界会議)が日本で2番目の地として京都で開催されました。
その翌年の1967年(昭和42年)1月20日~22日、社団法人日本青年会議所通常総会が京都にて開催されました。以来、『京都会議』と呼ばれるようになりました。

サマコン(サマーコンファレンス)とは、公益社団法人日本青年会議所の運動を広く発信するために、各界を代表する著名な有識者をお招きし、政治・経済・社会など様々なジャンルのフォーラム・セミナーを開催する場です。

2312271629
2312271626
2312271629

公益社団法人 日本青年会議所

地域経済活性化会議

地域経済活性化会議 

議長紹介

公益社団法人日本青年会議所 2024年度

地域経済活性化会議

議長

佐藤 貴哉 君

(一般社団法人花巻青年会議所 )

経済グループ地域経済活性化会議の議長を務めさせていただきます、佐藤貴哉と申します。
最近は大谷翔平選手の母校のあるまちとして知られている、一般社団法人花巻青年会議所より出向いたします。
我が国経済成長のけん引役として期待されているインバウンドを活用し、共に地域の経済を活性化させて参りましょう!

地域経済活性化会議

人口減少や少子高齢化などの構造変化により経済規模の縮小や首都圏への一極集中が引き起こされ、地域経済に悪循環が発生しています。一方で、日本は観光地として世界から注目をされ、外貨を獲得する機運が高まっていながら、特に地方はその機会を活かせていない現状があります。

地域経済活性会議では、地方創生に向けてインバウンドを活用し、地域の経済が活性化する仕組みづくりを全国のメンバーと行って参ります!特に、心の冒険と呼ばれるアドベンチャーツーリズムは地方にこそ誘客のチャンスがあります。

全国のメンバーと共に地域経済を活性化させ、笑顔あふれる未来をつくって参ります!

地域経済活性化会議の様々な取り組み

配信依頼書_101-02K_0129_ver2-1
messageImage_1705376112671
配信依頼書_101-02K_0129_ver2-1
messageImage_1705376112671
配信依頼書_101-02K_0129_ver2-1
messageImage_1705376112671

公益社団法人 日本青年会議所

地域経済活性化会議