1966年(昭和41年)11月、国際青年会議所の世界大会(JCI世界会議)が日本で2番目の地として京都で開催されました。
その翌年の1967年(昭和42年)1月20日~22日、社団法人日本青年会議所通常総会が京都にて開催されました。以来、『京都会議』と呼ばれるようになりました。

サマコン(サマーコンファレンス)とは、公益社団法人日本青年会議所の運動を広く発信するために、各界を代表する著名な有識者をお招きし、政治・経済・社会など様々なジャンルのフォーラム・セミナーを開催する場です。

1966年(昭和41年)11月、国際青年会議所の世界大会(JCI世界会議)が日本で2番目の地として京都で開催されました。
その翌年の1967年(昭和42年)1月20日~22日、社団法人日本青年会議所通常総会が京都にて開催されました。以来、『京都会議』と呼ばれるようになりました。

サマコン(サマーコンファレンス)とは、公益社団法人日本青年会議所の運動を広く発信するために、各界を代表する著名な有識者をお招きし、政治・経済・社会など様々なジャンルのフォーラム・セミナーを開催する場です。

2312271629
2312271626
2312271629

公益社団法人 日本青年会議所

東海地区協議会

東海地区協議会の様々な取り組み

01_2024年度会頭公式訪問
S__4513819
活動方針理解共有のためのPR動画
18677
01_岐阜会議_会長挨拶
アートボード-1-100
S__4079739
岐阜ブロック大会2024実行委員会
01_2024年度会頭公式訪問
S__4513819
活動方針理解共有のためのPR動画
18677
01_岐阜会議_会長挨拶
アートボード-1-100
01_2024年度会頭公式訪問
S__4513819
活動方針理解共有のためのPR動画
18677
1 2 5

東海地区協議会について

公益社団法人日本青年会議所

東海地区協議会

2024年度 会長

八代 宗太郎 君

(一般社団法人岐阜青年会議所 )

組織図

公益社団法人日本青年会議所 2024年度 東海地区協議会は、下記の組織体制にて運営いたします。

基本方針

【地区の未来】

互いに高め合う力が世界を突き動かす東海をつくる
今まで幾多の困難を乗り越えることで培ってきた支え合いの力をさらに超える、互いに高め合う力をもって、日本各地や世界を突き動かす東海をつくることを目指します。

 

【東海地区協議会の役割】

本会の運動をブロック協議会が適切に LOM へ伝えることができるような連絡調整を行うこと、そして東海地区内の 4 ブロック協議会をつなぐハブとなり、各ブロック協議会が LOM に対して必要な支援を行える協力体制と環境を構築します。また、東海地区に新たな価値を与える持続可能な広域連携事業を構築し、日本青年会議所の運動を地域に展開して新たな価値を与える効果を最大化していきます。

 

【地区連携事業】

1.地方創生による地域経済活性化につながる仕組み構築に向けた運動
2.災害ネットワークに関する連携の強化及び事業の企画・実施
3.理念共感拡大グランドデザインの情報収集・活用・推進
4.他者を思いやる JC カップ U-11 少年少女サッカー予選大会の企画・実施
5.理念共感拡大プロモーター育成の管理・派遣
6.JC ブランド力を高める全国一斉事業

 

【東海地区独自の事業】

1.新規ビジネス支援事業の企画・実施

IMD(国際経営開発研究所)が発表する世界競争力年鑑 2023 では日本国は 35 位と前年を 34 位からさらに落とし、新興国であるインドネシアに抜かれることとなりました。特にビジネスの効率性は依然として低く、生産性、経営プラクティス、取り組みが著しく低いとされています。その影響は東海でも顕著に出ており、特に投資面に関しては東海地区4県で意識はあるものの、実施ができていないという状況が続いています。そこで、行動化まで起こせる新規ビジネス支援事業の構築が必要になります。ビジネスプランを東海地区の市民より募り、新規ビジネス(社内ベンチャーも可)として実際に起業まで導きます。

 

2.時代の変化を察知し、絶えず更新し続け、今後加速する産業構造の転換に適応することができる人財の育成事業の企画・実施

我々の住まう東海地区ではこれまで様々な現象が起きてきました。現象同士は複雑に絡み合い、新たな事象の発展へとつながり、先行き不透明な社会情勢となって我々に襲いかかってきました。このような先行き不透明な社会情勢で求められるのは、あらゆる人が時代の変化を察知し、絶えず更新し続け、今後加速する産業構造の転換に適応することができる人財になります。しかし、人財育成は価値観の変遷が必要になり、人生観を変えるくらいのインパクトを与えなければ中々変わりません。そのためには、官民一致団結して「政府の効率性」と「ビジネスの効率性」を向上させている国外パートナーの価値観を東海地区に住み暮らす市民が受け入れる機会が必要になります。そこで、IMD 世界競争力ランキングで「政府の効率性」と「ビジネスの効率性」が上位の国民や政府関係者とこの先行き不透明な社会情勢で何が必要なのかを交流する中で見つけていただく機会を創出します。

 

3.東海コンファレンス 2023 の企画・実施

運動を展開するということは一つの事業を行って終わりではありません。掲げた理想の未来を実現させるためには、運動を構築し行動化につなげるだけではなく、伝播と浸透、そして自立の循環が求められます。その中でも伝播と浸透を促進させるためには、東海地区協議会 81LOM の広域連携事業の運動の発信と広域連携事業経て得た経験と学びを還元する場を形成する必要があります。そこで、東海地区協議会 81LOMの広域連携事業の運動の発信と広域連携事業経て得た経験と学びを還元する場を形成します。さらに式典を開催することで、年間の事業を総括し、次年度への運動の引継ぎを行います。

 

【ブロック連携事業及び支援の具体的手法】

1.東海地区内各 LOM の現状把握と支援方針の共有

2.東海地区内各 LOM の事業の発信

3.地区・ブロック協議会双方における担当委員会の設置

4.事業の実施内容、時期、予算、目的などの地区・ブロック協議会で共有

5.双方の委員会の進捗度を双方の役員が進捗の程度を都度確認

6.ブロック協議会の会員会議所会議への訪問、ヒアリングと関係構築

事業予告

2024年度東海地区協議会の事業をご案内いたします。

2024年1月1日 新年のご挨拶 更新いたしました。

2024年1月16日 【開催告知】第1回会員会議所会議 更新いたしました。

2024年1月31日 【参加者募集】ビジネスモデル共創プログラム 更新しました。

 

事業報告

2024年度東海地区協議会の事業の様子をお伝えいたします。

2024年1月5日 石川県能登半島を震源とする大地震について 更新しました。

2024年1月19日 第1回会員会議所会議を開催 更新しました。

2024年2月13日 会頭公式訪問 更新しました

役員会速報

地区役員会議にて決定した事項や会議の様子をご覧いただけます。

2024.1.12 第1回地区役員会議

2024.2.14 第2回地区役員会議

東海地区協議会の青年会議所
ブロック協議会

愛知県

会議体・委員会紹介

会長

会長 八代 宗太郎
(所属:一般社団法人岐阜青年会議所)

直前会長

直前会長 鍋田 昌吾
(所属:一般社団法人静岡青年会議所)

監査担当役員

監査担当役員 西村 哲哉
(所属:一般社団法人富士青年会議所)

2024年度東海地区協議会の監査担当役員として、業務の執行及び会計の状況を監査していきます。基軸にはLOM支援と協議会の掲げる基本方針。この二つを軸として客観的な視点から自らの経験を踏まえ、より良い未来を創造できるよう協議会を支えていく所存です。必要とされる協議会と成るべく、新たな挑戦を展開していきますので1年間よろしくお願いいたします。

監査担当役員

監査担当役員 木野瀬 翔伍
(所属:一般社団法人春日井青年会議所)

2024年度は最終年度であり、私個人としてもJCの集大成となる年です。東海地区協議会が東海地区の各地青年会議所のために何ができるかを、監査という立場ではありますが、共に考えていきます。委員長並びに委員会メンバーの成長、そして各地青年会議所の運動発信になくてはならない存在となれるよう、1年間駆け抜けて参ります。

会計監査人

会計監査人 柴田 郷史
(所属:一般社団法人中津川青年会議所)

私は会計監査人として、東海地区協議会、東海地区内4ブロック協議会にて適正かつ透明性のある会計処理が行われるように、明確でわかりやすい助言・指導を心がけ、東海地区の全ての運動が最大限の効果を発揮し、組織の信頼を今後より一層高めていけるように財政面から支援を行なってまいります。

1年間どうぞよろしくお願いいたします。

顧問

顧問 中山 隼人
(所属:公益社団法人名古屋青年会議所)

2024 年度東海地区協議会の顧問として、東海地区に新たな価値を与える持続可能な広域連携事業を構
築し、日本青年会議所の運動を地域に展開して新たな価値を創造するとともに、組織内のメンバーと緊密
に連携し、共通の目標に向けて効果的に協力する体制を築き上げ、東海地区のプレゼンスを高めて参りま
す。東海地区協議会の一員として、地域社会に対して責任ある立場で、使命感をもって活動し、協議会の
恒久的な発展に尽力いたします

顧問

顧問 世古 洋平
(所属:公益社団法人津青年会議所)

2024年度東海地区協議会の顧問として、東海地区協議会が行う全ての運動が、多くのLOMの皆様にご参加いただき、有意義な運動にするために、今までの経験を活かし、客観的な目線で事業構築段階での活発的な議論を促し、すべての東海地区役員が足並みを揃え、事業の推進が円滑に行えるよう努めてまいります。

一年間どうぞよろしくお願いいたします。

愛知ブロック担当副会長

副会長 中村 尚人
(所属:一般社団法人豊川青年会議所)

2024年度東海地区協議会の副会長として、愛知だけでなく東海地区においても「縁JOYNT!」の精神で、人と人とをつなぎ合わせ、どんな状況でも楽しみながらアクションしていきます。ご縁への感謝とワクワクを原動力に、偶然出会った友達ではなく、互いに支え合い高め合える仲間を増やし、笑顔あふれる東海を創造します。

1年間どうぞよろしくお願いいたします。

三重ブロック担当副会長

副会長 水谷 幸平
(所属:一般社団法人桑名青年会議所)

静岡ブロック担当副会長

副会長 赤堀 久人
(所属:榛南青年会議所)

2024年度は東海地区協議会の役員としての気概を持ち、担当する静岡ブロックのみならず東海4県の発展に少しでも貢献できるよう活動に邁進していきます。また、関わることのできるメンバーと積極的に交流することで、出向に対して更に意欲的になるメンバーを増やしていくことに尽力をいたします。

岐阜ブロック担当副会長

副会長 春山 大樹
(所属:公益社団法人大垣青年会議所)

2024年度東海地区協議会の副会長及び岐阜ブロック協議会の会長として、スピーディな情報共有と各協議会とのの連携を通じて、全ての活動運動が最大化されるよう邁進してまいります。1年間全力で取り組んでまいります。

どうぞよろしくお願いいたします。

会務担当副会長

副会長 加藤 倫之
(所属:一般社団法人志摩青年会議所)

出向という貴重な機会を提供して頂けたこと、そして、副会長という重要な役職を任せて頂いたことに感謝申し上げます。基本方針に掲げられた人財育成を所管させていただくにあたり、八代会長の掲げる「支え合いから高め合う力へ 笑顔あふれる東海の創造」の理念を胸に、人財育成委員会の活動が次に繋がる成果を残し、委員会メンバーが出向して良かったと思えるよう全力で伴走させて頂きます。

1年間どうぞよろしくお願いいたします。

会務担当副会長

副会長 山本 善大
(所属:一般社団法人高山青年会議所)

2024年度東海地区協議会 経済発展委員会の担当副会長として、経済を基軸に東海地区の企業が持続可能な経営を行い、今後の時代に合ったイノベーションを起こすことができるプログラムを通じて運動を展開します。東海地区の「絆」をさらに強化し、JCおよびパートナーが一丸となって応募者、そして東海地区の企業、そしてこの東海地区協議会のメンバーが成長し、活躍する機会を提供してまいります。

一年間、どうぞよろしくお願い申し上げます。

会務担当副会長

副会長 種井 利江
(所属:一般社団法人浜名湖青年会議所)

副会長として、東海コンファレンス2024運営委員会は東海コンファレンスの2024の運営と防災事業を担当させていただきます。東海地区協議会の事業を発信し、その運動を伝播と浸透がしていけるよう委員会をサポートし、東海地区協議会内の各地青年会議所が連携を強め、より良い青年会議所運動が展開していけるように邁進して参ります。

運営専務

運営専務 黒宮 崇宏
(所属:一般社団法人岐阜青年会議所)

東海地区協議会の運営のみならず、東海地区内の4ブロック協議会及び80LOMの皆様の運動の成功のため、精一杯尽力します。

人財育成委員会

委員長 山田 悠貴
(所属:一般社団法人刈谷青年会議所)

人との縁・つながりは大切なもの。2024年度東海地区協議会の委員長に拝命頂いた事に感謝すると共に、そこに関わる全ての方との縁あることを喜び、大事にし、誠意と熱意で皆様とのつながりを強めて参りたいと考えています。

1年間どうぞよろしくお願い致します。

経済発展委員会

委員長 富田 恭輔
(所属:一般社団法人焼津青年会議所)

2024年度東海地区協議会経済発展委員会委員長を務めさせていただきます。未来に向け力強く競争力を持って経営していく企業をこの東海地区に増やすを目標に1年邁進してまいります。今までには無かった事業にし、伝説となるように頑張ります。

1年よろしくお願いいたします。

東海コンファレンス2024運営委員会

委員長 加藤 聖郷
(所属:一般社団法人郡上青年会議所)

東海コンファレンス2024運営員会は、東海コンファレンス2024での屋外事業、式典、セミナーに加え、防災事業と多岐にわたる委員会運営となります。東海コンファレンス2024運営委員会の委員長として運動の最大の発信を行い、青年会議所メンバー、市民の皆様、家族へと学び喜び多くのモノを還元できるよう1年間邁進して参ります。

財政審査特別委員会

委員長 中西 洸介
(所属:一般社団法人伊勢青年会議所)

2024年度東海地区協議会の財政審査特別委員会委員長として、公益法人会計の適正な運用や統一会計基準の順守及びコンプライアンスの遵守、より適切な予算の運用がなされるかを審査し、JC運動の最大化に繋がるよう尽力していきます。

1年間よろしくお願いいたします。

事務局

事務局長 伊藤 康博
(所属:一般社団法人岐阜青年会議所)

2024 年度東海地区協議会の事務局長として、東海地区協議会が掲げる運動の効果を最大限発揮できるよう、スムーズな議会運営を心がけていきます。そのために、今まで私が青年会議所活動で培ってきた経験を活かし、役員の皆様のサポートに徹し、協議会全体の下支えを行うよう尽力していきます。

1 年間どうぞよろしくお願いいたします。

公益社団法人日本青年会議所
東海地区協議会

〒500-8833
岐阜県岐阜市神田町2-2
岐阜商工会議所ビル 3階
一般社団法人岐阜青年会議所内
電話 058-264-8091
FAX  058-264-0444
Mail tokaidc.2024@gmail.com