山形ブロック協議会2017年度公式ホームページ

事務局

運営専務事業計画

山形ブロック協議会 運営専務 佐藤 大輔

 東京一極集中に端を発する人口減少と経済の停滞が続き徐々に笑顔が失われていくやまがたにおいて、山形ブロック協議会は各地域に存在する多くの魅力を通じて運動を展開し、人と地域の多様な繋がりを継続させてきました。新現代の黎明期という新たな価値観を見出していく時期である今こそ紡がれてきた長い歴史を基に、我々のさらに強い結束力で、やまがたに笑顔を取り戻すTEAMとしての柔軟かつ強固な運営体制の構築が必要です。
 まずは、建設的な意見による活発な会議のために、資料の不備が無いよう確認を徹底し、諸会議の円滑な運営に繋げます。そして、各地域での円滑な運動のために、議案書作成や事業支援の窓口となり、運動に必要な情報を提供することで、各LOMとの連携強化を図ります。さらに、山形ブロック協議会の運動を広く周知するために、効果的な情報発信媒体を活用し、県民の共感を醸成します。また、各LOMの運動の永続的発展のために、未来ビジョンマップを作成し、山形ブロック協議会の運動の方向性を共有します。そして、我々の運動に対する意識を高揚させるために、褒賞事業を行い、各LOMの活力を創出します。さらに、社会からの信頼に応えるために、コンプライアンスに則った財務管理を徹底し、健全な財務運用の継続に繋げます。また、日本JC本会から各LOMまでの一貫した情報共有のために、俯瞰的な視野を持ち、各LOMから頼られる身近な存在としてきめ細やかに対応を行い、有機的な連携を構築します。そして、災害発生時の迅速な支援のために、平常時から日本JC本会と連携を図り、火急の事態に対応できる体制を整えます。
 50年という誇り高き歴史を胸に、透明性と秩序が保たれた組織運営の下、思いやりと地域を牽引する行動力を兼ね備え、一期一会の覚悟を持ってTEAMとして運動を展開した我々が地域を動かす原動力となり、笑顔が溢れ誰もが夢を描けるやまがたを実現します。

事務局長事業計画

山形ブロック協議会 事務局長 矢萩 翔一

 山形ブロック協議会は1968年に県内8つの青年会議所の相互理解と県益を考え立ち上げられ、50年の間諸先輩方が移り行く時代の中でやまがたの未来を考え運動を展開し、今日まで運動を紡いでこられました。私たちは受け継がれてきた山形ブロック協議会の歴史に恥じぬよう先達への感謝を胸に、県内各地の同志と共に県益を考える運動がさらに会員会議所へ広がり、我々の意志が一つとなる堅固なTEAMを構築する必要があります。
 まずは、時代に即した地域社会から求められる山形ブロック協議会の事業を構築するために、資料の作成と管理を行うとともに、会員会議所会議をはじめとする諸会議の設営を不備なく行うことで、各委員会が計画通りに事業の企画・立案を行える環境を整えます。そして、運動を紡いで来られた先達への感謝を胸に、地域の未来を見据え行動する山形ブロック協議会の力強い運動推進のために、新春交歓会を開催し、運動方針を表明することで、関係者と意識共有を図ります。さらに、日本JC本会から各LOMまでが一つに繋がる運動を推進するために、日本JC本会が示す方針と山形ブロック協議会が行う事業の説明会を実施し、各委員会で行う事業の核となる部分を伝えることで、我々が展開する青年会議所運動が一つになります。また、これまでご尽力いただいた卒業生の功績を称え、今後運動を展開していく我々へ教示をいただくために、卒業式を開催し、未来に向けて運動を強く推進していく機会へと繋げます。さらに、災害時に速やかに連携をとるために、支援窓口として日本JC本会と連絡を行い、相互協力体制を構築し強固な組織へと繋げます。
 先達の言葉を胸に常に今があることに感謝し、新たな学びと成長する機会を経て個々の補完的なスキルを集合させTEAMとなった山形ブロック協議会が各地域で展開した運動を通じて、各LOMがより光り輝き、笑顔が溢れ誰もが夢を描けるやまがたを実現します。

<事業計画>

1.山形ブロック協議会の効率的な運営・発信

2.協議会全体をみた効率的な運営

3.災害時の緊急対応に関する事項

4.その他

年間事業フレーム

【事務局】年間事業フレームver.3-001

PAGETOP