財政特別委員会
事業計画

財政特別委員会委員長 鹿角 健太

 北海道地区協議会は魅力と誇り溢れる北海道を創造する使命をもって、各LOMや日本JC、外部団体と連携を取り合いながら地域の課題に向き合い、各LOMからの負託と信頼に応え運動を展開しています。公益を目的とする運動は社会からの信頼に値しうるものであり、メンバー一人ひとりが会計基準に沿い公正で透明性のある財務運営とガバナンスの徹底された組織運営がなされる公益性の高い健全な運動を展開していく必要があります。
まずは、北海道地区協議会が財政の透明性を確保するために、事業費率に着目した年度予算案、年度末決算案を作成し、会議・委員会が実施する諸事業の予算及び決算の審査をすることで、貴重な財源を有効に活用します。そして、北海道地区協議会の運動に対する社会的な信頼を維持向上するために、事業計画段階から会議・委員会会計に対する指導や支援を実施し、持続可能な中長期財政ビジョンを構築・発信することで、堅調な組織運営につなげます。さらに、メンバーからの貴重な拠出金を基に事業を展開している責務を果たすために、監査担当役員・内部会計監査人との連絡を密に行い、費用対効果及び妥当性が十分に得られた財務運営を図ります。また、会議・委員会が公益性の保たれた諸事業を実施できるようにするために、多くの調査データに基づく補助金等の比較検証や、公益目的に則しているかを管理し、財政面の安定化を図ります。そして、ガバナンスが徹底された組織であるために、北海道地区協議会のコンプライアンスを推進し、財政審査会議及び規則審査会議との連携体制を構築することで、道民から信頼される組織運営を実現します。
法令遵守意識が高く厳格に統制された組織運営と透明性のある公益比率の確保された健全な財務運営が構築された北海道地区協議会が、地域と道民から最大限の信頼が得られた存在価値と公益性が十分に兼ね備えられた運動から魅力と誇り溢れる北海道を創造します。

<事業計画>
1.年度予算案、年度末決算案の審議
2.諸事業の予算及び決算の審査
3.会議・委員会会計の指導及び支援
4.北海道地区協議会の中長期財政ビジョンの構築・発信
5.監査担当役員・内部会計監査人との連絡調整
6.補助金等の比較検証
7.公益目的の管理
8.コンプライアンスの周知徹底
9.日本JC財政審査会議及び規則審査会議との連携