幸福度の調和がブランドとして輝く福井の実現

幸福度の調和がブランドとして輝く福井の実現

  • HOME »
  • 幸福度の調和がブランドとして輝く福井の実現

IMG_0177会長 松田 匡彦
(公益社団法人大野青年会議所)

 教育水準の高さと安定した雇用子育て環境から幸福度日本一である福井は、後塵に拝していたインフラ計画も本格化し、今後の交流や物流の増進から製造や観光の経済的発展が期待され、これからも高い幸福度を誇りにできる可能性を秘めています。様々な価値観が互いに輝き、調和がとれた幸福県の先進的事例として、市民との架け橋となるべく事業創造意欲ある我々が、課題に向き合い持続的に幸福度が輝く福井を創造する必要があります。

 まずは、若年の人口流出を低減するために、地元で創業することの価値が見出せる雇用対策事業を行い、地方で活躍する人財を増やします。そして、次代につながる社会的基盤を強化するために、防災も包含したインフラ設備を共に考える場を設け、県民の当事者意識を高めます。さらに、国際社会に通じる格を備えた人財を輩出するために、憲法改正案や政策の是非を討論する教育事業を行い、民主主義の基盤を育みます。また、子供たちの豊かな人間性と社会性を育むために、地域間交流のできるスポーツ大会を開催し、県内にグッドルーザーの精神を広めます。そして、JCの広域的な運動を広めるために、我々のすべての事業と目的が県民に伝わるブロック大会を開催し、我々の活動への参画者を増やします。さらに、若者から地域を変えるために、奇跡を起こす人財を目指す姿として活用する拡大支援と成長する喜びを知る会員育成事業を行い、地域の未来像を描ける仲間を増やします。また、災害から県民生活を守るために、県域での防災訓練から情報収集と伝達を見直し、本会と連携した災害支援ネットワーク強化を図り、防災・減災体制を整えます。  個別に輝きのある幸福度の高い点に誇りと感謝をもち、「和」の精神性を培った我々が、地域の課題に積極的に向き合う市民とともに、各分野で個々の力を発揮する活動から、幸福度の調和がブランドとして輝く福井を実現し、愛と希望溢れる国 日本を創造します。

PAGETOP
Copyright © 福井ブロック協議会 All Rights Reserved.