地域の個性が輝き、未来に希望溢れる大分の創造

会長所信

  • HOME »
  • 会長所信

豊かな自然に囲まれた大分は、製造業の中1 核を担う大手企業の進出と産業集積化が進むとともに、温泉をはじめとする観光業が成長軌道に乗っている一方で、各地で少子高齢化と地域を牽引するLOMの会員減少が進行しています。「和」の精神を身に纏い、大分のすべての地域の発展に向けて運動する我々は、多くの同志が英知を結集しその調和の下で、地域に根差した暮らしに魅力と幸福感が感じられる大分の将来像を示す必要があります。
まずは、地域に根差した産業に活力を生み出すために、農林水産業と観光業の連携を図り、長期滞在体験型観光モデルを作成し、両産業の強みを生かした事業展開を推進します。そして、LOMのさらなる発展のために、会員拡大の成功例を踏まえた拡大戦略を策定し
実践することで、会員の30%増加を実現します。さらに、LOMを支える人財育成のために、入会3年未満の会員にJC運動の目的と運動実践に必要な知識を学ぶ機会を設け、JAYCEEとしての基礎を習得してもらいます。また、アジアとの絆を深めるために、JCI ASPAC鹿児島大会に各LOMとともに参画し、国境を越えた友情を育みます。そして、市民との調和による地域の発展のために、第67回全国大会宮崎大会に多くの会員で参画しJCのもつ可能性への理解を深め、会員の運動への意欲を高めます。さらに、憲法改正を推進するために、現行憲法と実社会との間に齟齬があることを伝え、改憲に賛同する市民を増やします。また、災害に強い大分を実現するために、災害支援の経験やノウハウを検証し、ネットワークを強化することで、強固な災害支援体制を確立します。
地域の発展に向けて行動するJAYCEEへと成長した会員が、市民とともに大分で住み暮らすことの幸せと誇りを共有し、郷土の将来に希望を抱いた市民が次世代の大分の発展に向けて能動的な行動を開始する大分を実現し、愛と希望溢れる国 日本を創造します。

<事業計画>
1.農林水産業と観光業の連携による事業モデルの策定
2.会員の30%増加の実現
3.アカデミー事業の実施
4.ブロック大会の開催
5.JCI ASPAC鹿児島大会の支援協力・参加推進・開催地支援
6.第67回全国大会宮崎大会の支援協力・参加推進・開催地支援
7.【ブロ推】祖先や親を敬い愛情溢れる「家」的道徳を育む事業の実施
8.【ブロ推】31 奇跡を起こす人材を育てるカリキュラム実施
9.【ブロ連】改憲を推進する教育事業の実施
10.【ブロ連】災害支援ネットワークの強化

 

2018年度大分ブロック協議会 第51代 会長 梅木 自敬

お気軽にお問い合わせください

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
PAGETOP
Copyright © 大分ブロック協議会 All Rights Reserved.