地方創生委員会 事業計画

副会長 三倉 隆道
地方創生委員会 委員長 岩佐 陽介

徳島では、県民の県外流出や少子化などによる人口減少問題や県民への四国遍路文化の浸透に不十分な点があるといった問題を抱えているものの、深い歴史ある文化や素晴らしい人財など、地方創生のもととなる豊かな地域資源に溢れています。行政が地方創生を進める中で、行政とともに地域の活性化に取り組む会員がリーダーシップを発揮し、郷土を愛する市民と協力することで、歴史や文化が豊かに成長する徳島にする必要があります。

まずは、長い歴史をもつ四国遍路文化を活かして市民の交流の場とするために、多くの人々に魅力を伝えていけるようにメディアを活用し、四国遍路文化への理解を深め交流人口の増加を促します。そして、多くの地域や幅広い世代の巡礼者を増加させるために、関係団体と連携を深めることにより新しい取り組みを行うことで、活発な交流を生み交流人口の拡大につなげます。さらに、徳島を担う子供たちが深い郷土愛をもつ人財に育つために、郷土愛の道徳である「家」的道徳を伝える学びの場を子供たちに提供し、祖先や親に対して敬愛の念をもって成長することを促し、徳島を担う子供を育成します。また、「家」的道徳に対する理解を深めるために、郷土の歴史や人財について学び子供たちに伝えることで、「家」的道徳に対し造詣の深い人財を産み出します。そして、会員の拡大や入会間もないメンバーの育成のために、奇跡を起こす人財を育てるカリキュラムを開催し、魅力ある人財を育て会員の拡大につなげます。さらに、成長する徳島にするために、メンバーが奇跡を起こす人財になることで魅力ある徳島を創造し、希望がもて成長する徳島にします。

古来より徳島に存在する文化や道徳を改めて学んだ会員と、郷土の豊かな未来を創造する市民が、共通の目的意識をもつ中で、より豊かな未来を創りだすことのできる人財に成長した市民とともに道徳と文化を築き上げ、住みやすい愛と希望溢れる徳島を創造します。

 

<事業計画>
1.交流人口の拡大につながる四国遍路事業の開催
2.祖先や親を敬い愛情溢れる「家」的道徳を育む事業
3.奇跡を起こす人財を育てるカリキュラム実施