九州の進歩と繁栄の礎とならん!~常識を打ち破り、持続可能な九州とJCを創ろう~

AWARDS KYUSHU 2019

  • HOME »
  • AWARDS KYUSHU 2019

2019awards_kyushu1.jpg

 

AWARDS KYUSHU 2019 グランプリ

最も優れた事業に与えられる賞、AWARDSKYUSHU2019グランプリ。
グランプリを受賞したLOMには、AWARDSKYUSHUゴールデンゴングが送られます。新たな元号となった本年、ゴングにはグランプリ賞に輝いた青年会議所の名前が刻まれます。受賞されたLOMの皆様は受賞より一年間、黄金に光り輝くゴングを鳴らすたびにその音色を誇りに思いながら過ごすことが出来ることでしょう。

事業名

ひとりのポスト(投稿)でこのまちを変える #1万件ポストプロジェクト

LOM

公益社団法人 山門青年会議所

受賞理由

 本事業は、誰もが持つスマートフォンを利用し、簡単かつ効果的に地域のPRを出来る手法として、インスタグラムを活用して地域活性を図るといった事業をされました。各部門、どれも素晴らしい事業でした。しかしながら、多くの予算・人員を要する事業は、メンバー数の少ないLOMでは実践できません。本事業は、74,590円という決して多くはない事業費と、LOMメンバー26名という決して多くはないメンバー数で行われました。青年会議所だけでなく、同じ志を共有する複数の団体と共に行い、SNSを通じて地域の活性化を行った点など、九州地区内各地会員会議所、メンバーの大小にかかわらず実践できる成功例と思い選定致しました。

IMG_8306

会員拡大部門 女性拡大賞

会員拡大賞2018年度最も女性会員の拡大率の高かったLOMが表彰されます。JCはダイバシティを目指し、SDGsゴール5ジェンダー平等の実現を目標としています。もちろん女性メンバーの拡大のみで、それらを実現することはできません。しかし、女性メンバーの発言力を高めることは、ジェンダー平等実現の第1歩となります。そのような経緯でこの賞は設置されました。

LOM

公益社団法人 宇佐青年会議所

受賞理由

宇佐青年会議所は、女性会員5名の拡大に成功し、女性会員率250%の拡大となり九州NO.1となりました。 IMG_8313

会員拡大部門 会員純増率賞

2018年度最も拡大率の高かったLOMが表彰されます。この賞は、拡大率と拡大人数により算定し、LOMの大小を問わず、純増率となります。

LOM

一般社団法人 佐伯青年会議所

受賞理由

佐伯青年会議所は、2018年当初1名まで人数が減りましたが、11名の拡大に成功し、1100%の拡大となり九州NO.1となりました。 IMG_8323

国際部門

国際部門は 持続可能な開発目標SDGsを推進し、展開している事業、国際社会への協力・支援活動を目的に展開されている事業 、多様な日本を発信し、民間外交の推進を目的に展開されている事業 、諸外国と日本との相互理解の促進を目的に展開されている事業を指します。

事業名

国際青少年育成事業「学校訪問プログラム」

LOM

一般社団法人 熊本青年会議所

受賞理由

学校訪問プログラムは、姉妹JCのマレーシアのタンジュンブンガJCメンバーが熊本市内の小学校を訪問し、互いの文化に触れることで相互理解を深める事業を行い地域に貢献をしました。事前に開催したワークショップでは、自分のまちの魅力発見や外国人と接することの期待や不安をブレストし共有、授業の時間を使って、準備を進めました。当日は、日本の文化体験として、ソウラン節を6年生全員と踊り、給食や掃除の体験をもって文化の交流を行いました。初めは、緊張気味であった子供たちに文化の違いや自分の地域の魅力をしっかりと伝えることが出来ていたとのことです。 IMG_8336

人財育成部門

人財育成部門はLOMとそのメンバーの資質向上に最も寄与したとされる事業を選定します。

事業名

防災事業 災害時図上訓練「DIG」公開勉強会 ~阿蘇市各地区における防災・減災への備え~

LOM

阿蘇青年会議所

受賞理由

いつ起こるか分からない災害に対して防災、減災の意識を持ってもらうために災害時図上訓練、通称「DIG」について防災士により説明を受けた上で、広域の地図を用い、関係諸団体の皆様と「平成24年度九州北部豪雨」と同規模の災害を想定し「DIG」を行いました。参加者の皆様から早速自分の地域でも活用したいとの声をいただいたとのことです。IMG_8343

地域活性化部門

地域活性化部門は地域の諸問題を解決に導き、地域の環境や経済をよりよく発展させたとされる事業を選定します。

事業名

ひとりのポスト(投稿)でこのまちを変える #1万件ポストプロジェクト

LOM

公益社団法人 山門青年会議所

受賞理由

糸島在住のITアドバイザー・福田基弘氏のレクチャーのもと、商工会青年部・行政・観光協会と一緒になって、共通のハッシュタグ:一万件ポストプロジェクトを利用して、インスタグラム内で効果的に地域の魅力を発信し一万件のポスト、つまり「投稿を」いただける発信の方法を模索しました。 IMG_8306

アカデミー育成部門

本年新たに設置した部門となり、九州で行われている多くのアカデミー育成事業の中から、今回受賞事業が決定します。ぜひ、ベストプラクティスとして、皆様にLOMでも取り入れていただける事業ではないかと思います。

事業名

第1期新入会者事業 熊本県立盲学校生徒招待ボウリング事業

LOM

一般社団法人 熊本青年会議所

受賞理由

入会間もないメンバーが、ゼロから事業を立ち上げ、熊本県立盲学校の生徒・先生・保護者とボウリングを通じて交流しました。盲学校の生徒に卒業後の余暇活動の可能性を感じていただけることが出来たとのことです。IMG_8336

青少年育成部門

明るい豊かな社会を目指す私たちにとって将来の地域の未来を担う子供たちの育成は今後も継続して行っていかなければなりません。今回青少年育成に対し最も評価の高かった事業を選定いたします。

事業名

第7回おおいたわくわくワークランド~探しに行こう!未来の自分!!~

LOM

一般社団法人 大分青年会議所

受賞理由

2018年より小学校において道徳の授業が教科化されました。子供たちが道徳教材から学んだことを現実社会の場面で発揮してもらい、広く社会と関わるため、職業体験を行う事で、働くことの意識や自らの心の成長を実感しました。IMG_8352

AWARDS KYUSHU 2019 エントリー

AWARDS KYUSHU 2019 エントリー開始しました
告知ポスターのダウンロードはこちらから

エントリーについて

こちらからエントリーできます。

エントリー方法について

マニュアルがこちらよりダウンロードできます。

エントリー部門について

青少年部門、国際部門、地域活性化部門、人財育成部門、アカデミー育成部門、会員拡大部門

 

AWARDS KYUSHU 2018 受賞事業について

青少年育成部門

事業名:糸島塾2017~頂!糸島に世界一を!~
LOM:一般社団法人 糸島青年会議所
JCライブラリー掲載記事

国際部門

事業名:「くまもと城下町インターナショナルキッズガイドツアー」~ぼくらは国際親善大使~
LOM:一般社団法人 熊本青年会議所
JCライブラリー掲載記事

地域活性化部門

事業名:羽ばたこう この松末から
LOM:公益社団法人 朝倉青年会議所
JCライブラリー掲載記事

人財育成部門

事業名:防災キャンプ〜親子で体験!避難所生活〜
LOM:一般社団法人 北松浦青年会議所
JCライブラリー掲載記事

会員拡大部門(自動エントリー)

会員拡大純増率部門:公益社団法人 宇佐青年会議所
会員拡大パワー部門:公益社団法人 宇佐青年会議所

アカデミー育成部門賞

※新設部門

AWARD LIBRARY

過去のエントリー事業を「部門別」に閲覧することができます。
こちらよりご覧ください。

LIBRARY2019

 

 

 

Count per Day

  • 649現在の記事:
  • 16今日の閲覧数:
  • 14今日の訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
PAGETOP
Copyright © 九州地区協議会 All Rights Reserved.